忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.24.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.31.Wed
うなかがめーゆ美術館 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/08/07(Mon) 10:31 No.4204  
 

4204.jpg ◆「島津 明美展 49/100の意思」

今年の「第61回 全道展」で協会賞を受賞した千歳の島津 明美さんの個展を観て参りました。

6日の日曜日に急に予定が空き、深川までひとっ走りして「うなかがめーゆ」を訪ねました。
当日の朝島津さんの書き込みがあり、夕方しかおられないとのことでしたので、「不在でも良い」と思って出かけました。

今年一番の猛暑という北空知でしたから、ヨレヨレのTシャツ1枚というおよそ展覧会を拝見するには相応しくない姿だったのが幸いしました。

汗が目に入るし、暑さで頭もボーッとしていたので心配したのですが何とか写っていたのでご紹介します。
この日の暑さは作品の最上段の左から2番目のコラージ作品に貼り付けてある寒暖計が30度を超えているのが何よりの証拠です(笑)。


『顔(ペンと水) 2002年』 『磁石と寒暖計(ビール缶・その他) 1995年』 『飛ぶとき(ダンボールコラージュ) 2002年』 『月の羽(ダンボールコラージュ) 2002年』

『月あかり(油彩) 2000年』 『2002年9月11日(木炭)』 『女(額にダンボール) 1995年』 『影(鉛筆とペン) 2006年』

『きこえる(ダンボールコラージュ) 2003年』 『49/100の意思(鉛筆とペン) 2006年』 『自画像(鉛筆とクレヨン) 2000年』

『静物(孔版画) 1990年』 『初めてのダンボール(石膏デッサンから) 1992年』 『カオル(デッサンとゴム版画) 1982年』 『アユムと紙アコーディオン(木版画) 1984年』

『ふたり(ダンボールコラージュ) 2005年』 『使者(油彩) 2000年』 『教会(初めての油彩) 1978年』



画像の上にカーソルを乗せますと制作年次とタイトルが出てまいります。
クリックして頂ければ画像が拡大いたします。
縦長の画像は右下に出てくる拡大マークをクリック致しますと最大化します。

管理人が滞在している間に島津さんご夫妻、「知床硝子」の浅沼 久美子さん、砂川市にある「浮浪工房」の内海 真治さんら「うなかがめーゆ美術館」で個展をされた方々が見えられ記念写真を撮りました。



◆「うなかがめーゆ園遊記」

うなかがめーゆは色とりどりの夏の花も終盤を迎えておりましたが、それでもきれいな花がてんでバラバラに咲いております。
整えられていないところがここの良さででして、野草も洋花も混在しているのが不思議な魅力を醸し出しておりました。
庭の中の模様をご紹介します。


   

   

   

   



    



Re: うなかがめーゆ美術館 カリメロ - 2006/08/07(Mon) 22:43 No.4208   HomePage

だっこされてるハーちゃん、とってもかわいいですね。竜馬さまもお元気そうでちょっと安心。



Re: うなかがめーゆ美術館 竜馬@管理人 - 2006/08/08(Tue) 00:24 No.4209  

memeさん おひさしぶりです。
そう言えば「坂本 順子展」の飾りつけにわざわざ函館から来ていただいた時の記念写真を撮った場所でしたね。
今回はハーちゃんも喜んで車に飛び乗るようになりましたよ。
私は汗がダクダクで、親娘でフーフー言っておりました。(笑)

PR
2007'01.31.Wed
島津明美作品展のお知らせ 投稿者:浅・久 投稿日:2006/08/03(Thu) 22:33 No.4185  
 

4185.jpg 暑中お見舞い申し上げます。
竜馬@管理人さん、お久しぶりです。
うなかがめーゆ美術館(深川)で明さんの作品展が始まりました。
まだ私はみていないのですが、小さいのから大きいの、出っ張ったり、つるっとしたり?・・・いろいろおもしろそうでよ。私も見に行くのを楽しみにしています。
夏休みでもあり、お近くにおいでの方は、いかがでしょうか?

はーちゃん(と言うのですね)夏ばてしていませんか?人間にとっては寒い夏の道東ですが、うちの連中にとっては、ちょうどよいようで相変わらず元気です。



Re: 島津明美作品展のお知らせ 竜馬@管理人 - 2006/08/03(Thu) 23:34 No.4186  

4186.jpg 浅・久さん ご案内ありがとうございます。
実は少し前に気が付いたのですがご案内状を頂いていなかったので、どうやってご紹介しようかと焦っていました。
「どうして教えてくれないの?」ってメールをしたら、メールで案内DMが送られて来ましたよ (笑)。

「ごめんなさい。遠いので、ご迷惑と思いました。
(中略)
今年は9月に札幌紀伊国屋書店2階で、浅沼久美子さんと2人展、10月に千歳の仲間と5人展(書、ステンド、絵画)も予定しています。
(後略)」


でも私は行けないかも知れない・・・・。
今年は新盆で、「○○日にお参りさせて」とおっしゃって下さる方がおりますのと、お寺での法要もあるので多分難しいと思っております。
今、東京出張中で愛娘のブハーリン(ハーちゃん)を預けて来ています。
一度知床に連れて行きたいと願っています。
小心者で初対面の方が苦手なので、島津さん案内してくれないかな~。
彼女のメールにありましたが、札幌での2人展楽しみにしていますよ。
亞貴王さんの最高傑作を持って会場に伺います。



お知らせ ありがとうございます...  - 2006/08/05(Sat) 08:02 No.4193  

4193.jpg  今年の個展が、こんなふうに、こちらのHPに載るなんて想像もしていませんでした。
 有り難うございます。
 うなかがめーゆの美術館は、今、花盛りです。可憐な花が、私たちをじっと見つめているように咲いていました。
 知床。春の雪解けに、森の中にず~っと入っていけます。ワンちゃん達は、はしゃぎながら森を散歩しています。また行きたいな~。
 暑い日で…ユニは笑い顔になりました。



何曜日にいるのですか? 竜馬@管理人 - 2006/08/05(Sat) 14:53 No.4196  

4196.jpg 今日、ホンモノのハガキが届きました~。

土日は「うなかが」に行っているのでしょうか?
「どうせ行くなら島津さんのいる日が良い」と思っている方も多いのではないでしょうか。

我が家の娘も暑くて舌を出しっ放しです (*^_^*) 。



うなかがめーゆの美術館に行く日...  - 2006/08/06(Sun) 06:50 No.4200  

 おはようございます。
私が、うなかがめーゆの美術館(深川)に行く日は、今日6日(日)夕方と、12日(土)、15日(火・最終日)です。

 写真は、「うなかが」、6日前のお庭です。
 
 ハーちゃん。毛並みがフサフサで…。あつそぅ~。

2007'01.30.Tue
個展案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/05/30(Tue) 14:34 No.3922  
 

3922.jpg ■「Ground and Figures 江川博展」

会場:mini gallery うなかがめーゆ美術館

会期:6月1日(木)~15日(木) (月・金 休館)

時間:10:30~17:30

このHPをご愛読頂いている皆様はご承知の、「地と図」でお馴染みの江川 博 さんの、これまたお馴染みの「うなかがめーゆ美術館」での個展のご案内です。

先日終えられた旭川の「モケラモケラ」での個展にはデッサンを主に展示された江川 博 さんですが、今回の「うなかが」ではどうされるのでしょうか?

【うなかがめーゆ美術館HP】
http://web.mac.com/gami_cky/iWeb/

【うなかがめーゆ美術館地図】

2007'01.30.Tue
深川はうなかがめーゆより 投稿者:bokemi@マジョモリ通信 投稿日:2006/05/14(Sun) 13:30 No.3855   HomePage
 

うなかがめーゆの美術館のHPを制作しました。
深川もやっと桜が咲き始めました。
すこしずつギャラリーの様子、庭の様子など、更新していきたいと思っています。
ご覧いただければ幸いです。

http://web.mac.com/gami_cky/iWeb/



Re: 深川はうなかがめーゆより 竜馬@管理人 - 2006/05/14(Sun) 13:58 No.3856  

3856.jpg 良かったですね・・・・・。
予定も知れるし、庭の野草の様子もうかがえます。

HPの管理人は桔梗さんがなさるのですね。
宜しくお願いします。

渡辺邸もネット環境を整えてあげてください。



Re: 深川はうなかがめーゆより  - 2006/05/17(Wed) 20:50 No.3874  

3874.jpg  はじめまして。こんにちは。
いつも、この掲示板を拝見させていただいております。
 管理人さんのコメントを楽しみにしている者です。

「うなかがめーゆの美術館」。5月16日より、知床硝子の浅沼久美子ステンドグラス展をしています。(観てきました)
 色を選ぶ感覚、硝子をカットする視覚が洗練されている方と思います。
 16日には、美術館入り口の桜が咲き始めました。その日、初めて訪れたお客様が、「この美術館の名前の意味を教えてください」と聞いておられました。
 反対から読むと、「ゆーめがかなう」と気づいてくれました。
私も、その日分かったことが有りました。「ステンド」とは「よごす」という意味からきたそうです。でも、美しいステンドグラス展でした。
 



Re: 深川はうなかがめーゆより 竜馬@管理人 - 2006/05/17(Wed) 21:47 No.3875  

3875.jpg 明さん 投稿ありがとうございます。
こんなヘッポコHPをご覧頂き、尚且つ「コメントを楽しみにしている」なんてことをお世辞でも言われたら舞い上がってしまいます。

「うなかがめーゆ」も桜でしたか?
一昨年の5月20日に「うなかが」を訪れた時の写真がありました。
早くも黒百合が咲いていましたよ。
おいしいコーヒーが思い出されます。

知床硝子の浅沼久美子さんのステンドグラスを管理人は知りませんでしたが、お薦めですから観てみたいと思います。
日曜日に行きたいですね。

明さんの情報を又お待ちしております。



深川「うなかがめーゆ美術館」 竜馬@管理人 - 2006/05/28(Sun) 12:16 No.3902  

3902.jpg ◆「知床硝子 浅沼久美子展」

ステンドグラスというものが今の日本の美術界でどういう位置づけに置かれているのか全く無知な管理人です。
もともとクラフト系に弱い管理人は、「知床硝子」という工房名も、浅沼久美子さんという作家も存じておりませんでした。

千歳の“明”さんに教えられて、「一度見てみたいな」と感じて伺いました。
無論、「うなかがめーゆ美術館」・「アートホール東洲館」の両館長夫妻にお会いしてご挨拶しなければならない事情も持っての訪問でした。

到着する前から、渡辺 通子さんと浅沼さん、もうお一人のお手伝いでされたと聞いておりましたので、「通子流展示」になっているだろうとの予測をしつつ車を走らせておりました。
案の定、私の予測どおりの通子流フリマ展示になっておりました (笑)。
それがあの場所では全然気にならないから面白いですね。
私のご紹介も脈絡なく画像を添付させます。
雰囲気画像1雰囲気画像2雰囲気画像3をご紹介します。
展示作品1展示作品2展示作品3展示作品4展示作品5展示作品6展示作品7
展示されている作品全てが丸みを帯びていて、ぬくもりの感じられる作品で、羅臼の原始の森に近い(イメージだけで、実際には存じませんが・・・)工房で、気品のある真っ白のサモエドと暮らしておられる浅沼久美子さんを勝手に想像しておりました。

一週間孤独な留守番をしていた愛娘も連れて行きましたが、私の滞在中「うなかが野草園」(雰囲気1雰囲気2雰囲気3雰囲気4)で静かに待っていてくれました。

仕事が忙しく観ることが出来なかった通子館長の紙粘土の立体作品をアトリエで見せてもらいましたが、そこに亡くなった家人の写真が素敵なフレームに収められているのを発見して胸がいっぱいになりました。
とても興味あるある方の昔の作品も発見しました。



Re: 深川はうなかがめーゆより  - 2006/05/28(Sun) 16:46 No.3903  

3903.jpg  黒百合の花、わすれな草も咲いていたのですね。
遠くまで、お疲れ様でした。お天気で良かったですね。

 今日の千歳は雨、風が強くて…。
うなかがめーゆの美術館は、晴れた日に行った方が2倍楽しめますよね。

 浅沼さんは、絵画からステンド中心に移行した方です。住まいは、田舎で 新聞の配達料を支払わなければならない所に住んでいます。
 人なつっこいサモエドは、ムツゴロウ王国生まれです。

 <昔の作品>通子さん、貞之さんはいつまでも「もの」(物・者)を大切にする方ですね。この場を借りて、「ありがとう」
 
 写真は、エゾタンポポを見るウチの犬、ユニです。



Re: 深川はうなかがめーゆより bokemi@マジョモリ通信 - 2006/05/28(Sun) 17:30 No.3904   HomePage

アートホールの「イタリアの風」展(あってますよ!)と、うなかがめーゆ「浅沼久美子」展、そして、周りの素敵な「雰囲気」写真、いってみていた私も、楽しませていただきました。
渡辺邸のインターネット環境を整備するには、私の説得では実力不足です・・・。とりあえず、このページはプリントアウトして持参させてもらいますね。

HP,アドレス、こちらでアクセスしてもらいたく再度連絡です。
どらーる掲示板で見に来てくれているかたが多いようで、ありがたいです。

http://web.mac.com/gami_cky/





うなかがめーゆサポーター 竜馬@管理人 - 2006/05/28(Sun) 18:43 No.3906  

3906.jpg bokemiさん、明さん これで良かったですか?
渡辺 貞之さんにも通子さんにも叱られちゃいませんかね?

野草園が大好きな私にとって、うなかがめーゆ美術館は大好きな場所です。

HPの管理ご苦労様ですね。
日本画家Kさんの言われるとおりだと思いますが、頻繁な更新は大変ですよね。
こんな感じで時折寄せてください。
うなかがめーゆ美術館HPに飛ばしましょう。
明日、リンクを入れる様にさせますよ。

あっ、それとお二人とも全道展会場で作品にお目にかかることを楽しみにしています。



Re: 深川はうなかがめーゆより カリンズ - 2006/05/28(Sun) 22:05 No.3908  

不思議な夢空間、「うなかがめーゆ」8月に訪れるのを
楽しみにしています。通子さんの個展のご案内をいただき、
どんなにかあの空間にマッチした通子さんワールドを
見たかったのですが、色々あり伺えず残念でした。

可憐な花々が風に揺れている自然な感じのお庭も
わくわくするほど楽しみです・・・

それにしても渡辺貞之先生のスケッチ素晴らしいですね!

竜馬さん どらーるで「イタリアの風」展を
していただけないのでしょうか・・・



Re: 深川はうなかがめーゆより 竜馬@管理人 - 2006/05/29(Mon) 07:46 No.3911  

(*^_^*)

残念ですが、壁が合わない気がしますね・・・。



Re: 深川はうなかがめーゆより 浅・久(本人) - 2006/05/29(Mon) 17:53 No.3912  

3912.jpg 竜馬@管理人さん、はじめまして。明さん同様、このBBSでの管理人さんのコメントや情報、楽しませて頂いております。
この中に自分の名前・作品が紹介されるとは、夢にも思いませんでした。見て頂けただけで嬉しく、ありがとうございます。

どらーるギャラリーは、数年前に好きな夏山亞貴王さんを見に初めて行きました。それから時々よらせてもらってます。

うなかがめーゆ、オドリコソウ、満開なんですね。これからの花も楽しみです。

「気品のある真っ白いサモエド・・・」どこぞのワンコ?大受けしました。親ばか写真を・・・



Re: 深川はうなかがめーゆより 竜馬@管理人 - 2006/05/29(Mon) 19:47 No.3914  

3914.jpg 浅沼久美子さん 今晩は。はじめましてですね。

ギャラリーにいらして頂いていたのですか。ありがとうございます。
私は、「夏山亞貴王さんを好きだ」という方には無条件で好意を持ちます。
いろいろな方の協力を頂いてですが、亞貴王さんの遺作展を行えたことを誇りに思っております。

愛犬家は皆親ばかですよ。傍から見たら「親の抜けた単なるバカ」に見えるでしょうね。(*^_^*)
私のブログも70%の日はワンコの話です。

なかなかどうして・・・。気品あふれるお子さん達ですよ。

2007'01.22.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/05/11(Wed) 10:01 No.2856  
 

2856.jpg ■「ミニチュアな空間展」 深川市 うなかがめーゆ美術館(0164-22-3597)

期間:5月14日(土)~31日(火)

独立展会友・全道展会員の渡辺 通子さんの私設美術館である「うなかがめーゆ(逆から読んでください・笑)美術館」のオープンが迫りました。
今年も館長の通子さんの素敵な作品が待っております。
ご案内状には
「楽しみながら作ったリメイクの帽子です。不織布の袋とか、スパッツや、シャワーキャップ、セーターの袖の付け根の部分、使い古しの袋物などです。頭部の部分は粘土で昔作ったものです」

と記してありました。
作品も勿論ですが、「うなかがめーゆ美術館」の自然そのものの庭も、展示館の空間がたまらなく好きです。
お願いして淹れていただくコーヒーも(200円払って下さいね)とても美味しいものです。

尚、6月1日(水)~15日(水) 「内海 真治展」、6月16日(木)~30日(木) 「坂本 順子展」を予定しております。



アマチュアな報告点 久保AB-ST元宏 - 2005/05/18(Wed) 10:03 No.2875   HomePage

2875.jpg 私にとっては珍しく、招待券を頂きました。無料ですが(がくっ)。

評を書くつもりはありませんが、本日、樺戸郡の『札幌タイムス』と言われている(←ウソ)『北空知新聞』に紹介記事が掲載されていましたので、添付させていただきました。

私はまだ訪問していないのですが、『共犯新聞』カラー・グラビアで有名な若林博士が、晴耕雨読を理由に雨の15日に訪問されたようです。
「遊び心のある楽しい個展でした。」とのことです。
ちなみに博士は今朝、横浜市に一時帰宅し、6月上旬に沼田町に戻られる予定です。横浜市の鶴見画廊『平野 俊一展』には間に合うようですが、どーなんでしょ?

新聞記事の中には、6月16日(木)~30日(木)『坂本 順子展』の他にも『森 ヒロ子 展』の紹介もあり、共に拝見したいと思っております。



Re: 展覧会案内 竜馬@管理人 - 2005/05/18(Wed) 10:26 No.2876  

kubomusume.jpg
「通子さんの世界」は「久保さんの脳みそ」と同じですから、電気分解するとハーブのエキスが出てきますよ(醗酵している?)。(笑)

チョコレート持参でコーヒー頂いて、庭にでて野草を探し、隣の猫に挨拶して、最後に個展をチラッと見て帰るのがいつものパターンです。
坂本 順子展は、深川市アートホール東洲館も含めて全て旧作になることを余儀なくされております。
自宅に戻れませんから、作品を選ぶのも手直しするのも(私が車で轢いたりした)どうするかこれから考えます。(ガクッ)

若林博士には電話して、顔を出してくれるように頼みますか?
デジカメ持っていたかな~?



カリカチュアな空間転送 久保AB-ST元宏 - 2005/05/18(Wed) 11:33 No.2877   HomePage

2877.jpg >若林博士には電話して、顔を出してくれるように頼みますか?
>デジカメ持っていたかな~?

■竜馬さんから電話していただけると、博士も奥様を誘い出しやすいことでしょう(笑)。お願いいたします。
博士は高級デジカメ付き携帯電話を持っていますので、鶴見画廊での撮影も可能です。もちろん、その場から即、画像を送ることも可能です。
ただし、転送の方法はご存じない(がくっ)かもしれませんので、電話で教えてあげてください(笑)。

■添付写真は、カーボーイ映画の保安官ではなくて、よーやく雪が融けたので手作りログハウスの玄関「手すり」を製作中の若林博士でごじゃいまちゅ。

[1] [2
 HOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]