忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'11.19.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.31.Wed
無題 投稿者:栄通 (丸島) 投稿日:2006/06/25(Sun) 22:59 No.4016  
 

4016.jpg ○ MAG・まちこ展
     
  6月22日(木)-6月27日(火) AM10:00~PM7:00 
  アートスペイス201 南2条西1丁目山口中央日ビル5F
  TEL011-251-1418

 私の好きな作品達なので紹介させてください。もしかしたら好き嫌いが分かれる作品かもしれません。新道展の白鳥洋一さんの好きな方なら気に入ると思います。

 彼女は題名のようなものを書き綴って、そのイメージを絵画化していくと言っていました。例えばこんなタイトルがありました。「アフリカの中の小さな雨」「オレンジのアフリカ」「MAGとアフリカ」「青いゾウ」「硝子色の石」「世界を売るMAN]・・・。失礼な表現ですが幼児画風の絵という言葉がピッタリなのではないでしょうか。勢いで描いていると思いますが、書き殴るというよりも力の塊をゴロンと産み落とすと言う感じです。
 二年前の個展は4×8(120㎝×240㎝)のシナベニヤばかりでしたが、今回は3×3(90㎝四方)が大半です。小さくなった為なのか画質感・光沢がより鮮明です。青系が多いですが、なんといっても真知子さんの絵は赤・茶系が魅力的です。赤のある絵は迫ってくると言う感じで、青系の絵は水に揺れる水底の模様というのでしょうか、遠のいて吸い込まれる感じがします。真知子さんにこういう表現があるとは意外でした。

 私は中年(熟年)女性の美の表現に多大な関心を寄せているものです。彼女達には男性にありがちなセクシャルなものがあまり感じられません。色より美が滲み出ているのではと思えるのです。もちろん、3月にどらーるでありました米谷さんや楢原さん阿部典英さんのマザコン・女性願望は大好きですが。

 札幌市民ギャラリーの全道展観覧の後、寄ってみてはいかがでしょうか。公募展とは違った楽しみがあると思います。



MAG・まちこ展 栄通 (丸島) - 2006/06/25(Sun) 23:12 No.4017  

4017.jpg  一番好きな作品です。「アフリカの水色の面と楯」。




Re: 無題 竜馬@管理人 - 2006/06/27(Tue) 04:58 No.4027  

丸島さん 観覧記ありがとうございます。
MAG・まちこさんもガンバっていたんですね。
時折ギャラリーどらーるでお会いする程度で、私は彼女の作品を多くは存じておりませんでした。
『こういう表現をするんだ~』と思ってみておりました。

PR
2007'01.23.Tue
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/08/01(Mon) 15:05 No.3152  
 

3152.jpg ◆「芸術団Jam16」 アートスペース201

ご案内を頂いておりましたが掲載もせずに失礼しておりました。

日曜日に整体を受けに町に出ましたので拝見して参りました。
「サーカス団みたいな名前だな」と思いつつ入りました。
会場に入ると直ぐに個展と「NerPoint展」で拝見した八子 晋嗣さんの作品がありましたので、どの様なグループ展なのか理解いたしました。
確か、教育大同級生4~5名で行っているグループ展であることは以前に伺ったことがあります。

メンバーは八子 晋嗣・加藤 裕一・宮崎 亨 ・木村 真■さんの4名でした。
八子さんは個展と「NerPoint展」に出品した作品が大半でした。(作品2)
加藤 加藤 裕一さんは油彩で「HANA-動」と「HANA-静」 の2点を展示しておりました。
宮崎 亨 さんは自由美術にも出している方で、シャープペンシルで線描したものをスキャナーに取り込みプリントした一種の版画の技法で仕上げた小品と油彩の作品2点を出しておりました。
木村さんは油彩の人物(?)画でした(作品群1作品群2)。
いろいろと感じることはありましたが、書くことはよします。

2007'01.22.Mon
頑張る アートスペース201 投稿者:栄通 投稿日:2005/04/29(Fri) 01:09 No.2813  
 

 案内状が来たわけではありませんが、とても気になる展覧会です。

Five Energy  場所:アートスペース201(南2西1)5F6F
会期:5月5日(木)~5月10日(火)
・中嶋 貴将
・鈴木 涼子
・野又 圭司
・坂東 史樹
・Azkepamphan

 多分、5人が各自一部屋ずつのグループ展、オムニバス風現代美術展ですか。アートスペース協賛となっているから、場所代等いろいろ便宜をはかっているのでしょう。新潟沖地震のときの協賛陶展といい、タイムリーにがんばっていますね。
 今春、札幌市主催の『20人の試み展』が開かれなかった。代わりに、目に優しく心に和む『季節展』が開かれた。ピエンナーレでも、トリエンナーレでも、オリンピナーレでもかまわない。再開を期待しているものです。その『試み展』風民間企画が今展ではなかろうか。アートスペースの開かずのドアが一つもないことも、さらにいいことだ。
 一言コメント。
 鉄人・野又君。時間がないなどと言って、言い訳はだめですぞ。『サナトリウム』ならず『地下生活者の部屋』を期待しています。
 二十面相・鈴木さん。CIA以来まだそんなに時間がたっていませんね。溢れんばかりのエネルギー、何が出てくるか。
 溶変・中嶋。鉄でくるのか、皮でくるのか。芸術自販機の『変造10円玉・500円作品』、再販を待っています。
 坂東氏。あの空間で発表すること自体わくわくしますね。
 Azkepamphan。外国人さん?彼/彼女は何者ぞ。誰か教えてください。



Re: 頑張る アートスペース201 aka - 2005/04/29(Fri) 23:42 No.2815   HomePage


あ、有難う御座います。
開かずのドアが無い様頑張ります。

・・・たぶん。



訂正とお詫び 栄通 - 2005/04/29(Fri) 23:53 No.2816  

愛称が間違っていました。
鉄人・野又→哲人・野又
二十面相・鈴木さん→二重面相・鈴木さん

すいませんでした。



Re: 頑張る アートスペース201 竜馬@管理人 - 2005/04/30(Sat) 06:02 No.2817  

「頑張る アートスペース201」はガンバラナイakaさんでもっています。
今日の彼の「日記らしきもの」では初めてガンバッチャイましたけれどね(笑)

>栄通さん

訂正が入りましたけれど、中嶋 貴将さんのコメントの「溶変・中嶋」と云うのも理解できないのですが・・・。
それと涼子さんがCIAにはおられなかったと思います。
CAIですよね?(爆)

ごめん、ごめん。意味が分かるのに余計なこと突っついて。
東京から戻ったらご案内しようと思っていた展覧会で、私も行きたいと思っておりました。



Re: 頑張る アートスペース201 aka - 2005/04/30(Sat) 10:43 No.2822   HomePage

がんばったつもりですが、結局

『(´・д・`) ヤダ』

で、締めくくってみました。



ありがとう アートスペース201・.. 栄通 - 2005/05/07(Sat) 10:52 No.2840  

 5月3日、あきぎさんから『謎のAzkepamphan』の件名で略歴をいただきました。まるでCIAからの通達書類のような文面で、一瞬驚きました。

○武田 浩司 a.k.a.Azkepamphan
○1978年 札幌生まれ
○2004年 Azkepamphan(アツケパンハン)名義で活動を開始
○企画展・グループ展・個展といろいろと各地でやっている人です。例えば、
○2003年『国境を越えた美術の冒険』(道近美)
○2002年『アジア・プリントアドベンチャー』(同上)
上記の図録に細かく略歴が出ているので、興味のある方はそちらを見てください。あの本、略歴がアルファベットなんだなぁ。なに気取っているんだろ。英語理解者に優しく、札幌人につれない。あと、この本によると、1973年生まれとなっていました。
 赤さんが直接書いてくれると楽だったんですが、一切は僕に委ねたみたいです。だから、紹介文を書いてもおこらないでしょう。ギャラリー関係者が自分のところを他で紹介するのには、信義に反するのでしょう。昔、『G・エルエテ』渡辺君から聞いた話です。「DMを送ってくれるのは嬉しいが、なかなか時間がないので、特にきてもらいたいのを教えてくれよ。」と言われて、困ったそうです。彼曰く、「僕はみんないいと思って企画してるから、そんな希望だめだよ。」この言葉には、僕自身襟を正す思いでした。
 
 ところで、先日山口ビルの前を通りかかりました。赤さん働いてましたね。黒いTシャツきて、黒い顔してトラックから作品の搬入をしてましたよね。生き生きして、精悍で、なんかまぶしかったです。おー、それにしても『赤と黒』。文学的・美学的・哲学的問題ではないですか。



Re: 頑張る アートスペース201 竜馬@管理人 - 2005/05/07(Sat) 11:39 No.2842  

栄通さん、当社もギャラリーやってまして今月も今荘 義男さんという素晴らしい展覧会をやっております。そこんとこ宜しく・・・。(笑)
ご高覧をお願いいたします。

>5月3日、あきぎさんから
 ↑
あかぎさん(赤木 昭彦=通称akaさん)ですね?

>先日山口ビルの前を通りかかりました。赤さん働いてましたね。
 ↑
同じ日に私も通りかかりましたが、余りやる気が無い顔しておりましたよ。
『皆一緒に来てワーッとやればよいのに・・』とボヤいておりました。(笑)

>生き生きして、精悍で、なんかまぶしかったです。
 ↑
そうかな~? あっ!釣りに行くときは間違いない(爆)



Re: 頑張る アートスペース201 aka - 2005/05/08(Sun) 11:22 No.2851   HomePage

栄通さま>
ご紹介ありがとうございます。
そうなんです、他のギャラリーさまの所で自分のギャラリーの宣伝をするのはとても恥ずかしいのです。
と、いいつつ、自分の所でも紹介するの忘れておりますが。

いやいや、搬入の姿見られていましたか。
はずかしいので、働いている姿は殆ど見せないようにしていたのですが、それを見れたなんてレッドデータブックに載っている動植物を見たと云う位貴重な光景です。

竜馬さま>
>同じ日に私も通りかかりましたが、余りやる気が無い顔しておりましたよ。

最初の搬入で精魂尽き果てました・・・。

2007'01.20.Sat
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/04/30(Sat) 09:56 No.2819  
 

2819.jpg ■「FIVE ENERGY」ART-SPACE201

~5人の作家によるFIVE ENERGYの名に於ける5つの個展~

下のNO.2813に栄通さんがご紹介されておりますので詳細は割愛させていただきます。

野又さんがメンバーに加わっているのも面白いですね。

2007'01.18.Thu
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/01/10(Mon) 00:12 No.2414  
 

2414.jpg ◆「風光会展」 アートスペース201

「akaさんはいるかな?」と立ち寄ったアートスペース201ではakaさんは居なかったのですが、「風光会展」「圓寿展」というのと二つの展覧会が行われておりました。
どちらとも聞いたこともない名前でしたが、フラリと入った「風光会展」になかなか存在感のある作品がありました。
真駒内にある曙小学校に縁のある教師が年に1度だけ作品を持ち寄って行っている展覧会とのことで、公募展等に出品している方は一人もいない集まりとのことでした。
油彩・水彩・パステル・工芸・クラフト・ビーズ・写真・書とジャンルを問わないで沢山の作品が並べられておりました。
一人で三つの名前で出品されている方(それが皆良いんです)もあり、熱のこもった作品が多かったように思います。
小針 一介さんのコラージュ、清兼さんの陶による半立体と書(画像1画像2部分)、写真にはその繊細さが出ていませんが大宮きよ子さんのピーズ絵などが印象に残りました。



Re: 展覧会 aka - 2005/01/11(Tue) 16:36 No.2419  

すんません、休んでおりました。
めずらしく釣りにも行ってません。



えっ? 竜馬@管理人 - 2005/01/11(Tue) 16:47 No.2420  

休みなのに釣りに行かない?
どこか悪いの?


[1] [2] [3] [4] [5
 HOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]