忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.17.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.16.Tue
川畑盛邦展を見て 投稿者:匿名 投稿日:2004/09/28(Tue) 22:52 No.1954  
 

拝啓 初日に川畑盛邦展を拝見して今日、2度目に見て、油彩画の高度な技術に関心しました。麻・あるいはグルー仕上げのキャンバスに地塗りをほどこし、川畑氏 独自作成の絵具で描いておられる。色調もタッチも程よくキャンバスと絵具に調和している。余りにも追求し過ぎる事もなく、独断にのめり込まない。これほどの絵画は北海道では殆ど例を見ないように思います。坂本順子さんと言う方の作品を今月・拝見しましたがこの方もやはり、のめり込んでは おらず、綺麗な作品でした。 御両人とも、北海道美術に確たる礎を残す作品だと思いました。 絵が好きで 国内の色々な作品を見ていますが、独断と偏見に満ち溢れた物が多くて 退屈しておりましたが久しぶりに後世に残る逸品を拝見させて頂きました。



嬉しく読ませて頂きました 竜馬@管理人 - 2004/09/28(Tue) 23:25 No.1956  

匿名様、川畑 盛邦さんの作品を再度じっくりとご高覧頂きまして本当にありがとうございます。

もう2日で「川畑 盛邦展」も終わります。ほぼ1ヶ月間毎日観せていただいているのですが、その日その日で違う表情で語りかけて来る様に感じております。
「とても名残惜しい」というのが今の私の実感です。

坂本 順子は冗談としても、川畑さんの作品をその様に評価頂きましたのは、ギャラリーとしてとても幸せに感じております。
匿名様のお父上にお会いさせて頂きましたが、その人生に筋を通して生きて来られた方独特の“凛とした”風貌で、「匿名様のご父君の様に年をとりたい」と感じました。
「コーヒーを」と申し上げていたのに、風の様に去られてしまいましたのが心残りです。宜しくお伝えください。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[616] [615] [614] [613] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]