忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'12.18.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'08.16.Thu

□「13th NAC展 陶による造形

昨日拝見してまいりました。
「どなたがおられるかな?」と思いつつ伺いました。
当日の当番は旭川近郊の東川町に窯を持つクラフト作家滝本 宜博さんで、丁寧に説明を頂きました。





【滝本 宜博】
滝本さんの作品は半磁器の土にそれぞれの色顔料を加え、練りこみで制作した作品を乾燥させずに直接1,300℃の高温で焼成したオブジェを展示しておりました。
一昨年の「NAC展」では「花器あー」「花器べー」 の様に、同じ土で異なった黒の色を見せてくれました。

滝本 宜博「壊れやすい平和 1」 滝本 宜博「壊れやすい平和 1」 滝本 宜博「壊れる平和・4」 滝本 宜博「左記作品の部分」

滝本 宜博「壊れた平和・2」 滝本 宜博「壊れた平和・2」 滝本 宜博「壊れそうな平和・3」 滝本 宜博「壊れそうな平和・5」


【林 雅治】
倶知安町郊外の寒別という処の廃校をアトリエ・住居にしている林さんは「麓彩会」・「風の中の展覧会」でお馴染みです。
粘土を紐状にして巻き重ねて成型しておりますが、一昨年の作品もそうですが、実に硬質で堅牢なイメージがあります。

林 雅治「りっぽ値の関係」 左記作品別角度 遠景 林 雅治「立方体を貫く円筒」


【堀江 隆司】
堀江さんは今何かと話題の夕張で生まれ育った方ですが、工房にしている「ゆうばり創作の館」が廃止となり、その後のことが気がかりとのことです。
一昨年の作品部分もそうでしたが、炭鉱のズリにある残土を使った作品を展示しておりました。
ご本人がおられなかったのでお聞きできませんでしたが、『相当な高温で焼いているのでないでしょうか?』との滝本さんの言でした。
堀江 隆司「あふれたもの」 堀江 隆司「あふれたもの」 堀江 隆司「あふれたもの」


【前田 英伸】
前田さんは北海道教育大学の陶芸の先生だそうです。
「私にとってデザインはアートであり、日常の生活こそがその表現の舞台である。そうありたい」という前田さんは、一昨年もコーヒーカップの取っ手の部分だけを型抜きした作品を多数展示しておりましたが、今回はその逆というか型そのものを型どつて焼いた磁器の作品でした。
前田 英伸「Quarter Circle.Vace.Ⅱ」 前田 英伸「Quarter Circle.Vace.Ⅱ」
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1371] [1370] [1369] [1368] [1367] [1366] [1365] [1364] [1363] [1362] [1361
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]