忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'05.23.Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.20.Sat
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/02/16(Wed) 17:14 No.2612  
 

◆「北海道教育大学芸術文化課程美術・工芸コース卒業制作展」
札幌時計台ギャラリー  19日(土)まで

申し訳ないのですが、私は時間がなくサッと通り過ぎました。
画像はありますのでそれぞれにリンクさせます。
但し、デザインの方は岩本 奈々さんと加本 順子さん以外は撮影をしておりません。

【油彩研究室】後藤 優子自画像)・近田 明日美辻 祥子中村 真一自画像)・安居 沙織山川 彩子自画像)・山本 雄基自画像

【日本画研究室】池田 さやか為口 沙衣内藤 まゆ新野 友子桝本 士乃村木 愛

【彫刻研究室】石垣 智子石坂 直樹石田 智春岸山 知愛園田 陽子中村 紀子自画像)・森 晶子

【金属造形研究室】小原 美幸

【木材造形研究室】松本 卓也
 
【視覚・映像デザイン研究室】岩本 奈々部分)・小川 陽 ・久保 青生・澤田 淳 ・中川 仁史・奈良岡 理恵・広島 祐介

【情報デザイン研究室】加本 順子・板井 諒輔・金子 愛 ・堀井 宏子



Re: 展覧会 ねむいヤナイ@北海道美術ネット - 2005/02/17(Thu) 17:45 No.2615   HomePage

写真で見た印象にすぎませんが、今年の油彩は「当たり年」ではないでしょうか。



当たり年 竜馬@管理人 - 2005/02/17(Thu) 18:02 No.2616  

そうなんでしょうか。

私は梁井さんのように何年間も見続けていないもので、比較というのは出来ないんです。
実は卒展を本気でみたのは今年が始めてなんです(汗)。

思っていた以上にしっかりと描いているのに驚いておりました。

PR
2007'01.18.Thu
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2004/11/30(Tue) 10:51 No.2252  
 

2252.jpg ■「札幌芸術の森美術館コレクション展 フシギのまなざし」

会場:札幌芸術の森美術館
会期:12月11日(土)~2005年3月27日(日)

札幌芸術の森美術館で発行しているパンフレットからこの展覧会の趣旨を抜粋します。

『一見「おや?」と思うような、現実とは違う奇妙な世界かもしれません。
音や大気の流れ、振動、熱、気配といった、視覚ではとらえきれない現象も、美術では色や大きさ、形をともなって表されることがあります。
それらの作品からはどれも、見たままを描き写すことを超えた、心や本質的なものまで感じることができるのではないでしょうか。
この展覧会では、作家が美術作品を作るとき、世界をどのようにとらえ、何を心の中に思い描き、かたちにしたかったのか、その鋭く自由なまなざしをたどります。』

おもな出品作家:砂澤ビッキ、メダルド・ロッソ、舟越 桂 、フェルナンド・ボテロ、若林 奮 、ジョージ・リッキー、下田 治 、三木 富雄、小谷 博貞、阿部 典英、他40点

2007'01.18.Thu
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2004/11/29(Mon) 17:28 No.2248  
 

2248.jpg ◆「丸山 隆彫刻展」 札幌芸術の森美術館

「遺作展」と言う言葉を使っても良いのかどうか分りませんが丸山 隆 さんの仕事を年代別、素材別にきちんと整理された素晴らしい展覧会でありました。

札幌芸術の森美術館の「開催にあたって」と言う文章を拝見すると、『札幌芸術の森美術館では札幌にゆかりの深い美術家を紹介する展覧会を毎年開催し、地元の美術を見直し位置づける活動を続けています。今年度は「丸山 隆 彫刻展」を開催いたします。』とありますので、位置づけとしては「遺作展」では無いのかも知れません。

私にはこの展覧会をきちんとお伝えする能力を備えておりませんし、美術館での展覧会ですから写真を撮って画像としてご紹介も出来ません。
『見逃してはいけませんよ』と感想をお伝えするに留まります。
花崗岩を中心とした石、木、金属を素材として多くの作品を展示しております。
「残留応力」「断層空間」「記憶素子」「不可視コード」といったシリーズの連作をシリーズ毎にまとめての展示です。
丸山さんがお元気だった頃、毎年最低でも年に2~3回は「ギャラリーどらーる」のオープニングパーティーにいらして下さっていたことが懐かしく思い出されます。

2007'01.15.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2004/08/09(Mon) 09:30 No.1748  
 

1748.jpg ■「彫刻家 堀内 正和の世界展」 芸術の森美術館 

8月29日(日)~10月11日

抽象彫刻の世界で活躍され、3年前に逝去された堀内 正和さんの没後最初の回顧展であります。
彫刻作品80点、紙彫刻77点、ドローイング30点が展示される予定であります。

2007'01.12.Fri
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2004/06/27(Sun) 19:25 No.1574  
 

1574.jpg ◆「草間 彌生展 クサマトリックス」芸術の森美術館
画像1画像2

先日、奥岡 茂雄館長を訪ねた時に、「他の場所での展覧会とは又趣が違い、芸術の森美術館は開放感がありとても良い展覧会になった」と草間さんが喜んでおられたと云う話をお聞きしました。

大勢の親子連れが庭や池の水玉模様のインスタレーション(画像1画像2)に触れておりました。



Re:芸術の森美術館で 竜馬@管理人 - 2004/06/28(Mon) 18:18 No.1586  

1586.jpg 日曜日は暑い日でしたが、久しぶりに“カラッ”として、園内を散策するのが気持良かった。
池には睡蓮が咲いておりました。
当ページにリンクしています「羅漢工房」さんの写真日記 http://www13.ocn.ne.jp/~rakan/mizufuka.html の睡蓮を思い出しながら写しました。



Re: 展覧会 天然記念物の夫 - 2004/06/29(Tue) 15:43 No.1591   HomePage

1591.jpg 竜馬@管理人 様

 またまた私のホームページのご紹介をしていただき、ありがとうございました。このところ、アクセス数が全くと言っていいほど伸び悩んでいたのですが、おかげさまで1日のアクセス数が、いつもの倍くらいに増えました。倍と言っても、このホームページのアクセス数に比べれば、耳あかほどの数ですけれど。

 昨日の私は、一日中厨子内部に青貝を貼っていました。一日かかって、幅2、3cm、長さ20cmの成果しかあがりません。この頃は、心をいれかえ、昆虫採集の誘いもことわり、仕事に励んでおります。まだ途中ですが、昨日の成果をお見せします。考えがあって、わざとランダムに貼っています。

 



ファンなんです・・ 竜馬@管理人 - 2004/06/29(Tue) 17:33 No.1593  

「水深通信」のファンなんですが、あまりそのことを言うとプレッシャーになりますよね。
お互いにネタ探しは仕事の合間にしましょう(苦笑)。
1日で20cmですか?大変な作業ですね。頑張って下さい。

[1] [2] [3] [4
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]