忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'12.17.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.15.Mon
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2004/09/15(Wed) 15:21 No.1903  
 

1903.jpg ◆「富田 知子展」 私設美術館うなかがめーゆ(深川)

独立美術会友・全道展会員の渡辺 貞之さんの夫人通子さんは全道展会友で、自宅敷地内に「うなかがめーゆ」(逆に読むと“夢が叶う”)という私設の美術館をお持ちです。

来月「ギャラリーどらーる」で個展を予定している行動美術会員・全道展会員の富田 知子さんが、小品を中心に9月1日から15日まで展示をしておりました。
私は伺えなかったのですが、家人が観て参りまして写真を撮って来たので、紹介いたします。

アクリル・キャンバス()、ガッシュ()、コラージュ()など、普段の富田 知子さんの絵を知っている方には、結構驚きの作品が並んでいたそうです。



深川市あ~と報告 久保AB-ST元宏 - 2004/09/16(Thu) 19:26 No.1914   HomePage

1914.jpg ◆「富田 知子展」 私設美術館うなかがめーゆ(深川)

私も観て参りまして写真を撮って来たので、紹介いたします。
台風18号でギャラリーの庭のプラムが落ちたので、ベンチに並べられていました。私に画才があれば、筆を持ちたくなる風景でした。

評を書くつもりはありませんが、正月のギャラリーどらーるでの作品が印象的でしたので作家の変化に結構驚きでした。
しかし、そう思っていたところ高名な詩人によるメルマガ『樺戸郡あ~とダイアリー(仮名)』によれば、
「画家は進歩するのでなく、展示空間の特性と、ギャラリーの特性に合わせて作品を展示します。」
との箴言が述べられていました。まさに、目からハード・コンタクトレンズです。

絵を見る目の無い私には「進歩」とか「退化」に興味はありませんが、「変化」と作風の「幅」が生む差異に作家が行っているであろう表現行為の模索と、その熱意を感じます。

◆「第3回 具象の新世紀展」 深川アートホール東洲館(深川)

■深川市の渡邊通子さんの画廊での『富田 知子展』は昨日で終りましたが、今日からは彼女の夫の渡邊貞之さんが館長をされている「深川アートホール東洲館」にて『第3回 具象の新世紀展』が入れ替わるようにスタートいたしました。9月30日までです。
私も仕事の合間に初日から、さっそく見てまいりました。
幽玄なパノラマを見せてくれる矢元政行さん、籐椅子に寝た女性の曲線が魅力的な吉川聡子さん、相変わらず追及の手を休めない伊藤光悦さん、いつもの激しいストロークの部分よりも平板に塗られた空間に意味を浮かび上がらせたかのような森山誠さん、現在公開中のギャラリーどらーるで見ることが出来る作品よりも人物の表情が有機的な川畑盛邦さん……などなど。
さすがに、それぞれの世界を構築されている方々ばかりで圧倒されました。無理に共通項を探せば、「物語性」でしょうか?全体的な印象をひと言で言えば、「ドイツ的」。・・・意味は自分でも分りませんが(やっぱり、がくっ)。



稲刈りは済んだ? 竜馬@管理人 - 2004/09/17(Fri) 09:42 No.1915  

1915.jpg >台風18号でギャラリーの庭のプラムが落ちたので、ベンチに並べられていました。私に画才があれば、筆を持ちたくなる風景でした。

■あなたに画才が有ったとしても、これは絵筆にする必要がありませんね。それ自体がアートですものね。
渡辺 通子オーナーが家人に『庭にあるもの何でも持って行ってもいいわよ』と言ってくれたそうです。
作品に使いたいと思って、ベンチの中央に置いてある“古びた巣箱”を所望したところ、『これだけはダメ!』だったそうです。

>全体的な印象をひと言で言えば、「ドイツ的」。・・・意味は自分でも分りませんが(やっぱり、がくっ)。

■彫刻家ロダンの言葉に「美はあらゆるところにある。決してそれが我々の眼前に欠けているわけではなく、我々の眼がそれを認め得ないだけである」とあります。・・・それがどうした?・・・分かりません(ガクッ)。



稲刈り本番は、これからっス。 久保AB-ST元宏 - 2004/09/17(Fri) 12:07 No.1916   HomePage

1916.jpg >あなたに画才が有ったとしても、これは絵筆にする必要がありませんね。

■そうですか。筆を持ってホコリをはらおうと思ったんですが愚案でした。
■右から3番目の白波五人男の言葉に「バカは死ななきゃ~直らないぃぃ~ってか?」とあります。…これなら意味が理解できそうです。



Re: 展覧会 ねむいヤナイ@北海道美術ネット - 2004/09/17(Fri) 21:44 No.1919   HomePage

あの~、お言葉なんですが。。。。
今回の富田さんの作品、写真で拝見したかぎりでは、前回の時計台ギャラリーでの個展で発表したのと同一あるいは同傾向のものがかなりあるように思うんですが



Re: 展覧会 竜馬@管理人 - 2004/09/17(Fri) 22:38 No.1920  

そうですね。大和画材さんの画像でも確認はしておりました。
驚きは、むしろ「これ、あり?」の方でしょう。

富田さんの話では「翌月のどらーる個展は既に決まっていた時に声をかけられ、一瞬迷ったけれど、あの庭に囲まれて個展するのも素敵だなぁーと思ってつい引き受けちゃった」とのことでした。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]