忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'10.24.Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.29.Mon
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/02/04(Sat) 23:36 No.3579  
 

3579.jpg ■「多摩美術大学版画OB展2006」

恒例の展覧会です。札幌の「さいとうギャラリー」での開催も9回目になると云うことですが、管理人は4回連続拝見しております。
本日が最終日になりましたが、間に合う方はご覧頂く価値のある展覧会だと思います。
参加作家20名の作品と、多数の作家による小品の中から何点かご紹介します。
小田麻子
石原誠
桝本久美子
保高一仁
小泉健太郎
谷黒佐和子
三瓶光夫
部分1部分2部分3部分4部分5部分6部分7部分8部分9)、作品2
鈴木恋
宮井麻奈
吉見律子
小口晶子
岡本潤
友野直実
松浦香織
石井桜
野田青隆
川田竜輔
伊藤あずさ拡大
堀田恵理
小川了子


【小作品】
鈴木康生(作品1作品2作品3作品4
三瓶光夫(作品1作品2作品3作品4作品5全体



Re: 展覧会 森の居候 - 2006/02/05(Sun) 16:02 No.3581  

鈴木康生さんの作品は見逃してしまっていました!画像が豊富なので助かります。素晴らしい木口木版の技術と描写によってできる完成度ですね。乙画廊でもまた個展とかされたら見に行きたいです。渡辺さんお元気ですか?お持ち帰り小作品コーナーで根本聖子さんというまだ学生さんですが北海道出身の方の作品がありました。凱旋されたら新しい風が吹く予感がして楽しみです。



Re: 展覧会 竜馬@管理人 - 2006/02/05(Sun) 21:42 No.3582  

3582.jpg 写真は私の連れに任せましたので、私がもう少しきちんと写してほしい作品もはずされていました。
画像のUPは私がしたので他人のせいに出来ません。個人的な好みが出すぎていますよね(笑)。
小品は数か多すぎたので、全部は写せず連れが名前を知っている方の作品のみ撮影したようです。



お詫び 竜馬@管理人 - 2006/02/06(Mon) 12:43 No.3584  

上の■「多摩美術大学版画OB展2006」にUPした画像が間違えて、処理前の画像を貼り付けておりました。

ただ今、訂正しましたので以前よりは鮮明になっております。
申し訳ありませんでした。\(_ _*)m(_ _)m(*_ _)/

PR
2007'01.29.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/01/31(Tue) 17:49 No.3567  
 

3567.jpg ■「多摩美術大学版画OB展2006」

会場:さいとうギャラリー

会期:1月31日(火)~2月5日(日)

時間:10:30~19:00

既に始まっておりますが、本日案内が届きました。
そろそろオープニングパーティーの開始時間なのですが、予定していなかったので伺えないのが残念です。



Re: 展覧会案内 森の居候 - 2006/02/01(Wed) 11:41 No.3569  

寒昴展展示お疲れ様でした。是非、拝見させていただきます。
多摩美OB展拝見してまいりました。毎年、完成度の高い作品を札幌で見れるなんて光栄です。札幌在住OBの友野直実さん渡辺慶子さんをはじめ野田青隆さん、石原誠さんや最近、大活躍されている三瓶光夫さんの作品などが見れました。東京と札幌がこういう形でつながって芸術文化の交流でできる展覧会は貴重だと思いました。





Re: 展覧会案内 竜馬@管理人 - 2006/02/01(Wed) 16:49 No.3571  

おや、都市を彷徨い過ぎて疲れてしまい森に帰ったのですか?(笑)
おっしゃる通りで、札幌の版画芸術への貢献度は高いですよね。
私も日曜日には観て来ようと思っています。

2007'01.29.Mon
展覧会案内 投稿者:小野@管理人代行代理 投稿日:2005/12/28(Wed) 15:00 No.3528  
 

3528.jpg ■「FROM 05TO 06

会場:さいとうギャラリー

会期:12月20日(火)~1月8日(日)

休廊:12月26・29・30・31日、1月1日

さいとうギャラリー恒例の年越し展で、今回は11回目となります。
年末は終了ですが、1月2日から開いております。

2007'01.29.Mon
展覧会 投稿者:岩松@管理人代行 投稿日:2005/12/21(Wed) 14:41 No.3517  
 

3517.jpg ■「FROM 05TO 06

会場:さいとうギャラリー
会期:12月20日(火)~1月8日(日)
休廊:12月26・29・30・31日、1月1日

初日に管理人の代わりとして撮影に行って参りました。
コメントは控えさせていただきます。

展示作品を順不同にてご紹介いたします。

阿部 典英『イヌくんとイヌさん』       米谷 雄平『さうすぽいんと-05X』

大滝 憲二『環』                江川  博『無題』

高橋 英生『初冬の利尻冨士』       北浦  晃『知床・羅臼岳』

矢崎 勝美『COSMOS』            森山  誠『白い花瓶』

香取 正人『石狩河口』            田村佳津子『あーん』

渡會 純价『Mon Paris』            阿部美智子『ご機嫌なおるすばん』

坂本 順子『あ・ら・た』            柿崎  熙『親密な森』

佐々木けいし『緬(べん)』          藤本 和彦『標本「リン」』

荒井 善則『Soft Landing to Season』   谷口 一芳『シロフクロウ』

八木 伸子『ばら』               八木 保次『無題』

岸本 裕躬『コムラサキ』           川本ヤスヒロ『建物(長崎にて)』

工藤 悦子『酔華』              香西富士夫『はな』

中野 邦昭『遠い日』             浅野 天鐘『梅』

村本千洲子『昭和の思い出「餅つき」』   神谷 礼子『memory』

波田 浩司『羽の舞う日』          會田 千夏『自由研究』

佐藤 潤子『海へ・・・』            末永 正子『旦』

林   亨『眼を閉じて』            原田ミドー『なめらかな果実』

白鳥 洋一『金魚』              川上 りえ『Silent Moon』

加藤 宏子『continuumⅡ』         山内 敦子『お正月』

府川  誠『ワン・ツウ』            吉田  茂『synchronisity「始め」』

関川 敦子『温かくて大きな手』       内藤 克人『内と外 '05-04』

吉田 敏子『冬日』              毛内やすはる『うずまき』

藤野千鶴子『宙-天使の25時』       前川 アキ『水に点く炎』

佐々木 徹『大和する0と1』         米澤 榮吉『バラ』

北山 寛明『水玉の幻想』          友野 直実『05-移ろい』

金子 直人『YURARI KIRARI』        守矢 有里『希望』

武石 英孝『鷹の爪』             中田やよひ『鬚の神父』

高澤のり子『女の人』             岩本 勝美『厳冬昇陽』

林田理榮子『チワワ』            伴   翼『移動』

毛内 慶ニ『赤いバラ』            巌  信栄『羊蹄山』

山本 雄基『想像の箱』           佐藤萬寿夫『小袖の詩』

上野 仁櫻『赤い花』             金子 辰哉『赤の思ひ』

近藤 健治『初春の赤大根の花』     下田 敏奏『ふくろう』

斎藤 嗣火『立』               仲吉  功『小さな花』

折登 朱実『雪の教会』           泉  修次『06おみくじBOX』

永井美智子『a Happy Event』        阿部信美智『㈲カガミモチ製造』

櫻井マチ子『お姫様はワ・タ・シ』

2007'01.29.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/12/09(Fri) 15:05 No.3504  
 

3504.jpg ■「FROM 05TO 06

会場:さいとうギャラリー

会期:12月20日(火)~1月8日(日)

休廊:12月26・29・30・31日、1月1日

さいとうギャラリー恒例の年越し展で、今回は11回目となります。
今年は何人の作家が出品しているか、画像から数えてください。
最近視力の調子が良くないので私は数えることは出来ませんでした。



65名ですか? 栄通 - 2005/12/09(Fri) 21:18 No.3505  

 65名ですか?
 吉川孝君はいないんですね。夏の「冠水橋」、好きだったなあー。小品であれだけ伝えれるって感心しました。公募展の大作といい、文学的甘さがうすらいだというか・・・・・。もっとも、僕は文学的に視てると批判されたから、おかしな感想になりますが鑑賞家の意見ととして聞き流してください。

 坂本順子さん出品するんですね。二年前、初めてお会いした時、「さいとうギャラリー来て下さい。」と誘われたのを思い出します。観に行きます。

 
 かなり遅くなりましたがお礼を書かせて下さい。
 今春、山川 真一個展が大丸セントラルで開かれました。その折、私の感想文以前のドラール寄稿文が会場に貼り出してありました。驚きと戸惑いで挨拶もせず退散してしまいました。本当に失礼しました。有難うございました。
 今秋の道展の作品、大好きですね。あれを待っていたんですよ。背景が一切無く、木立と木の葉だけの紅葉画。観る者が後は空想すればいいんだ、そういう喚起力と迫力のある絵と思いました。



Re: 展覧会案内 竜馬@管理人 - 2005/12/09(Fri) 22:56 No.3506  

栄通さん お久しぶりです。
誰も批判なんかしておりませんでしたよ(笑)。
坂本 順子は主催者のご好意でメンバーに入れて頂いておりますが、制作できるかどうかはまだ分かりません。
「コラージュならベッドの上でも・・」と申しておりますが。

山川 真一さんのあの作品は鮮烈でしたね。
記念展の作品を「面白いね」と申しましたら、「釣りにこっていた時でね~」と笑っておりました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]