忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'12.18.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.09.Tue
天然記念物の危機物語 投稿者:天然記念物 投稿日:2003/12/22(Mon) 22:51 No.959  
 

959.jpg 今朝、我が家は大捕物でした。

縁の下に狸が潜り込んだと思って、耳を澄ましたら、なんと犬の声。我が家の天然記念物、甲斐犬のエンジュが猫(または狸かも)を追って丈夫なワイヤーを切り、縁の下に飛び込んだのです。が、石置き古民家の我が家は、縁の下は柱だらけ。引きずっていった鎖がひっかかって、助けを求めているのでした。

なんとか見つけたのですが、手が届かない。這いずっていけばいけるかも、というくらいの高さのところで、もがいていました。エンジュはこわくてうなっています。約1時間、二人がかりでなだめて語りかけ、鎖を逆に引いたら、突然自分がただ柱を逆にまわれば出られることに気づいてくれました。

恥ずかしそうにのそのそ出てきて、唸ったりしたことを後悔していました。

こんなに臆病で、おっちょこちょいでは、野生を残すといわれる凛々しい甲斐犬とは言えません。しかし、自分でもまずいと思うらしく、今日一日は盲導犬のように従順でおりこうにしていました。どうすればお利口犬かを知っているということが、ばれた一日でした。

内輪の話でごめんなさい。甲斐犬はたいへんだけれど、実におもしろく、気のいいやつだということを知っていただければ、幸いです。よその家の庭をのぞいている写真をつけます。変なことをすると思っていましたが、ある日そこにウサギが飼われているのに気づきました。ただの「のぞき」でなくて、よかった。 



Re: 天然記念物の危機物語 竜馬@管理人 - 2003/12/23(Tue) 10:36 No.960  

天然記念物さま、お早うございます。インフルエンザらしき症状に、昨夜は早く休んでしまいました。

甲斐犬というのを見たことが無かったので、調べてみましたが、なかなか奥深い犬ですね。

古来からの日本犬の中では、大脳の大きさが際立っており知能の高さは抜きん出ていると言いますから、

飼い主付き合いのコツもしっかりと知っておりながら、頑固で自己主張が強い姿を装っていたのかも知れませんね。

相手が熊でも猪でも怯まずに闘い、主人の為には自分の命をいつでも投げ出すような気質を本能的に持っていると

言われておりますね。

ピーピング・エンジュ(笑)の写真には笑いましたが、引き綱の太さに甲斐犬の凄さが感じられました。

手はかかるでしょうが、可愛いでしょうね。私も手がかかり、金もかかる生き物と同居してますが、可愛いですよ。(ガクッ)

又楽しい「エンジュ物語」をお待ちしております。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]