忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'06.26.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.11.Thu

羅漢工房訪問 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2004/04/25(Sun) 02:03 No.1325  
 

1325.jpg この掲示板で何度も登場している「羅漢工房」を今回初めて訪問し、「天然記念物の夫」さまとお会いしました。

作品を多数、修復中の仏像・文化財、手がけた仕事の記録写真、庭のカミキリ、家の裏の膨大な竹林、屋敷を囲んでいる樹齢150年前後の林などを案内して頂きました。

仕事である文化財の修復にかける意気込みや、自分の仕事のクオリティーに対する厳しさなどの人柄を大いに感じ取りました。

お住まいは築後一世紀以上は経過している古民家でしたが、「大切な文化財をお預かりしているので」とセコムと契約しておられました。

 



Re: 羅漢工房訪問 天然記念物の夫 - 2004/04/25(Sun) 15:34 No.1326   HomePage


竜馬@管理人 様

昨日は遠路はるばるお越し下さいまして、厨子を見て頂き、ありがとうございました。わが家を楽しんで頂けましたでしょうか。ごく普通の関東の農家ですけれど、普通に暮らす民家というのが少なくなり、かえって貴重になりつつあります。

一つだけ心残りがありまして、私のカミキリムシの標本を見て頂く時間がなかったことです。まあ、この次の楽しみということで、またのお越しをお待ちしております。



建物探訪!! 通行人♪ - 2004/04/25(Sun) 22:26 No.1327  


昨日は、ありがとうございました♪
楽しい時間を過ごさせていただきました。
天然記念物さまと旦那さまの素敵なライフスタイルに感激でした。
時の刻みを忘れるような空間で、居心地の良さを
満喫させていただきました。

私個人的に、「蜥蜴」の作品が印象深いです。
宮本輝の私の好きな小説に、主人公の心情描写の象徴として
蜥蜴が使われていました。そのイメージと何故か私の中で
合致して、脳裏に焼きついています。
昔から、蜥蜴のしっぽの青い部分の鮮やかさが気になっていたので
(捕まえられないので、こっそり見ているだけですが・・・)
作品のキラキラした細やかなしっぽに惹かれました。

修復する仏像の頭からお経などが出て来るというお話にも
実は、一人ワクワクしていました。
歴史的に施される詳しいことは何一つ、知識のない私ですが
タイムカプセルのような気がして・・・。
何とも言えないワクワク感でしたし、
何かを残すという事に色々な想像をしました♪

本当に素敵な時間をありがとうございました。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]