忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'12.17.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.15.Mon
酷暑の中の稲刈り 投稿者:天然記念物 投稿日:2004/09/01(Wed) 02:34 No.1835   HomePage
 

1835.jpg お久しぶりです。展覧会やオープニングパーティなどの中に、のんきな季節のお便りで、すみません。

8月末日、台風が去って、さっそく稲刈りが始まりました。我が家の小さな田んぼも午後から稲刈りでした。

北海道のように広大な水田はどうするのでしょう。ここらあたりのように1枚が小さな田んぼでは稲刈り機が廻りきれないので、縁や四隅を手で刈り取ります。この仕事は、稲の香ばしい匂いに囲まれて、幸せな気分になります。

しかし、この日の暑さは過酷でした。ここのところ涼しさが戻っていたのですが、台風の影響で南風が吹いたとかで、37.5度になりました。何度も水を飲み、日陰に入って、アテネオリンピックのマラソン並みの注意をしました。

かつては6月に田植え、9月や10月に稲刈りだったといいます。こんな暑さで稲刈りなんて、思いもしなかったことでしょう。



Re: 酷暑の中の稲刈り 竜馬@管理人 - 2004/09/01(Wed) 05:17 No.1836  

いやー、お久しぶりですね。天然記念物さんどうされているかと気にかけておりました。

「天然記念物の夫」さんもお元気でしょうか?制作は順調に進んでいますか?

天然記念物さんの住まわれている水深地区は関東でも最も気温の高い所ですから、そこにいるだけでも厳しいことでしょう。その中での稲刈りは大変でしたね・・・。

札幌はそろそろ涼しさを超えて寒さを感じる時期になりつつあります。
台風も上陸したのかどうか、札幌では気がつかないまま今朝の快晴を迎えております。
腰を痛めないでくださいね。来月の銀座柴田悦子画廊での個展を楽しみにしております。



Re: 酷暑の中の稲刈り JUN@竜馬の妻 - 2004/09/01(Wed) 13:43 No.1840  

あれ程の猛暑の北海道でしたが、いつまにか秋風が吹き、秋草の中に虫の音が響く季節になりました。

一人娘で札幌育ちのお嬢さんだった天然記念物さんが…こんなに逞しく自然の恵みの中で生活しているなんて、嬉しくなります。
私も学生時代、長沼の農家の友人の手伝いで他の大学の学生達と田植えと稲刈りを泊り込みで手伝いに行ったことがありました。機械の入らない場所は手植え・手刈りでしたね。
夜は疲れてヘトヘトだったのに毎日が充実していたように…懐かしく思い出されます。

実りの秋ですね!



Re: 酷暑の中の稲刈り 天然記念物 - 2004/09/01(Wed) 16:35 No.1841   HomePage

水深暮らしを始めてから、人間はゴキブリ並の適応力があるのではないかと思うようになりました。ここの暑さの中で、エアコン無しの暮らしができるのは、私かゴキブリしかいない。お坊ちゃん育ちの犬たちは、夫の仕事部屋から流れるエアコンの風の中で眠ります。

有名な酷暑と冬の冷え込みの厳しさのおかげで、当地のお米は思いの外おいしいのです。大変なこともあれば、いいこともある。母方の祖母は、「両方いいのは、ほっかむり」だけだといって、困ったことがあってもそんなものだとやり過ごすすべを教えてくれました。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]