忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'11.24.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.31.Wed
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/09/11(Mon) 11:16 No.4327  
 

4327.jpg ■「渋谷 俊彦展 ― 瞑想の森 ―

会場:CAI現代芸術研究所
   札幌市中央区北1条西28丁目2-5 011-643-2404

会期:9月23日(土)~10月7日(土) (日曜日休館)

時間:13:00~19:00

版画家渋谷 俊彦さんの個展です。
ご案内状には「今回の展覧会は自分を見つめ直す実験的試みとして21年ぶり2回目のインスタレーションによる個展です」と書いてありました。
そう言えば、渋谷さんのインスタレーションは記憶がありませんね。



搬入初日 S-toshi - 2006/09/18(Mon) 22:36 No.4355  

4355.jpg 搬入のみで体力の大半を消耗してしまいました。
今日は壁面の一部のセッティングのみで終了!
明日と明後日で展示完了させます(汗)

23日(土)はオープニングパーティーを6時半から予定しています。気楽にお立ち寄り頂ければ幸いです。



Re: 展覧会案内 竜馬@管理人 - 2006/09/18(Mon) 22:45 No.4357  

渋谷さん 写真がアートですね (*^_^*)
個展で展示に3日間というのは驚きです。

壁面は床で組み立てて貼って行くのですね。大変ですね。



セッティング完了 S-toshi - 2006/09/20(Wed) 02:06 No.4364  

無事、セッティングを終えました。(汗、汗、痛腰、痛背中)



展覧会 竜馬@管理人 - 2006/09/27(Wed) 22:52 No.4377  

4377.jpg ◆「渋谷 俊彦展 ― 瞑想の森 ―

とても「歩ける」という状態ではなかったのですが、管理人の自家用“介護カー”を運転して行きました。
渋谷さんにはお会いできませんでしたが、CAIの端さんが声をかけてくださりしばらくお話を致しました。

写真では白っぽいある程度明るいギャラリーにも見えますが、実際には外光の入らないコンクリートの無機質な部屋なのです。
そうであるが故に、(特に)現代美術を展示するのには向いていると以前から思っておりました。
果たして今回の― 瞑想の森 ―展がこの部屋を使ってどう空間演出するのかとても興味を持って伺いました。

インスタレーションの構成をご紹介する為に一定程度色や素材を見せなければならないので、実際の雰囲気よりも明るくしたりして撮影をしなければなりません。
今回の渋谷 俊彦さんのインスタレーションから受ける感動は私の写真では表現できません。
会期はまだまだありますので、ぜひ会場に行き会場に身を置いて欲しいと思いました。

メゾネットになっている上の小部屋にも、展示してありましたし、別の控え室的な空間に従来の作品も展示しておりましたが、メインのインスタレーションだけでも良かったと思います。
壁面の平面作品の制作方法や、立体作品の仕上げなどは渋谷さんから直接ご説明をいただければ幸いです。
それらがどう造られているかの興味よりも今回の渋谷さんのインスタレーションが作り出した世界に浸っただけで満足して帰ってきました。





Re: 展覧会案内 S-toshi - 2006/09/27(Wed) 23:45 No.4378  

4378.jpg 竜馬様、体調不良の中わざわざお出で頂き、恐縮です。
平日の昼間は仕事の都合もあり会場にいられることが少ないのですが、お話出来なく誠に残念です。

ここ2年程、承知の通り「絵画の場合」展というグループでの発表活動をする中で、メンバー、スタッフとの様々なディスカッションを繰り返してきました。

そんな中で、私の制作スタンスというのはある程度固定化されていてひたすらに唯1点を研ぎ澄ますのみとなっておりました。

試行錯誤の実験的試みを繰り返しておりました折、CAIより企画展のお話を頂き、今回の発表とあいなりました。

自分の思い描く心の森を具現化しようとしたものなのです。

幾つかのお客様の感想をご紹介します。
「都会と自然の共存のハーモニー」
「天国(2階の白の世界)もよいけれどやっぱり現世(メイン会場)はより魅力的だ」
「まさしく、瞑想の森だ」などなど。

辛口の激評も大歓迎です。
多くの皆さんの声をお聞かせください。



Re: 展覧会案内 居候 - 2006/09/29(Fri) 12:13 No.4383  

刺激的…刺激的…S-toshiさん拝見させてください。



居候様ありがとうございました。 S-toshi - 2006/09/30(Sat) 23:31 No.4386  

今日はお会いできて良かったです。
色々お話も出来ましたね。これからもよろしくお願いいたします。



Re: 展覧会案内 居候 - 2006/10/02(Mon) 10:03 No.4389  

こちらこそありがとうございました。プロの熱き作家魂…
作家先輩として見習う点がたくさんあり、ワクワクして聞かせていただきました!
地面からせりでたモノタイプ作品と壁面、私は都市の中で
求められるオアシス的な瞑想の森を想像し、メゾネットの作品群のなかでは仰向けになってすこし眠りたい気分にかられてしまいました。



Re: 展覧会案内 栄通 (丸島) - 2006/10/02(Mon) 10:24 No.4390  

4390.jpg  今日は、ピンクの居候さん。君とのピンク論争?をこういう遣り方で形にするなんて、楽しい人だ。次は本質に迫るブラック論争をしましょう。
 渋谷展、僕も行きました。静けさとは裏腹に、心騒ぎ、胸躍る展覧会だったでしょう。瞑想・沈黙の部屋も素敵ですが、小さな上階の白の部屋との対比もいいですね。振り返って降りようとした時、黒の黙想の木々(人)達が、ドーンと目に飛び込んできましたね。
 喫茶室の八枚の小品は少し数が多いような気がしました。もっとも、渋谷さんは以外に沢山展示するのが好きみたいですし、好みの世界なのでしょうね。

 写真、モデルはともかく影を見て下さい。



感謝 S-toshi - 2006/10/06(Fri) 22:18 No.4399  

いよいよ明日が最終日です。
大勢の方にお出でいただきこの場をお借りして感謝申し上げます。

追伸:未だの方!あと1日あります。間に合いますよ♪



必見 竜馬@管理人 - 2006/10/07(Sat) 09:11 No.4400  

いや、ホント。観て欲しい展覧会です。
地下鉄東西線の円山公園駅からでも、西28丁目駅からでも歩いて7~8分で行けますよ。



無事、終了致しました。 S-toshi - 2006/10/07(Sat) 22:10 No.4402  

今日はバーチャルギャラリーとしてまるでその空間の真ん中に佇んでいるかのような感覚を得られる!ソフトのための撮影をしました。これが出来上がると来られなかった方に疑似体験が出来るのです。(国松明日香さんのサイトがこれですね)

後半は閉店前の・・・・のごとく美術館関係者のみなさんがお出でくださいました。

どらーるのサイトを見て、来てくださった若い女性もおりました。雨の中、本当にありがとうございました。
10月7日をもって-瞑想の森-は無事終了致しました。



お疲れさまでした 竜馬@管理人 - 2006/10/08(Sun) 01:03 No.4403  

渋谷さん 良かったですね。

観せて頂いた者にも、作家の渋谷さんにとっても得るものが多かったのではないでしょうか?

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1335] [1334] [1333] [1332] [1331] [1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]