忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.17.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.20.Sat
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/04/22(Fri) 16:53 No.2802  
 

2802.jpg ■「三瓶 光夫展」 ギャラリー銀舎 千代田区神田小川町3-28-13ラフィネ御茶ノ水2階

会期:4月25日(月)~30日(日)

「多摩美術大学版画OB展」とか「道新ギャラリー 版画大賞典」等で札幌でも作品を展示しておりました三瓶さんからのご案内を頂いておりました。
木版画・リトグラフの展示をされるとのことです。
「ギャラリー銀舎」というのは行ったことがありませんが、三瓶さんの初めての個展ということですから、事情が許せば行ってみたいと思っております。



展覧会 竜馬@管理人 - 2005/04/30(Sat) 15:15 No.2827  

2827.jpg 数十年ぶりに訪れた神田の街並みの変化に驚きつつ、個展会場の「ギャラリー銀舎」を探しました。
JRお茶の水駅からニコライ堂を右に見ながらずーっと坂を下ったところに「ギャラリー銀舎」と「世界観ギャラリー」、そして「アートシヨップ」の3店を経営しているギャラリー間瀬があります。

三瓶 光夫さんは不在でしたが、画廊オーナーの間瀬 勲 さんが親切に応対して下さいました。
私も東京の幾つかの有名画廊・ギャラリーのオーナーの方とお話させていただいておりますが、間瀬 勲 社長は信念を有して経営されてきたとても誠実な方とお見受けいたしました。

作品は、木版画の大きな作品(最大350号~400号位)4点(作品2作品3作品4作品5)とリトグラフの小品(題名は全て「玉響」)で構成されておりました。

2003年のさいとうギャラリーで行われた「多摩美術大学版画OB展」から、今年の2月の展覧会まで3年続けて拝見したと記憶しております。
更に、今年の「道新ギャラリー 版画大賞典」でも拝見してフアンになっておりました。

今回の作品をご紹介します。
今まで見せていただいた傾向の作品(作品6作品7作品8)sと、私が初めて見た作品群(作品9作品10作品11作品12)とが混在しておりました。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[906] [905] [904] [903] [902] [901] [900] [899] [898] [897] [896
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]