忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.24.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.31.Wed
堀内 掬夫展オープニングパーテ・.. 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/07/03(Mon) 00:12 No.4047  
 

4047.jpg 7月1日土曜日に7月の個展「堀内 掬夫展」のオープニングパーティーが盛大に行われました。
さすが全国一の「都道府県展 道展」の事務局長ですね。
管理人は明日から2日間東京ですが、パーティーのもようは明日、管理人代理がUPします。



Re: 堀内 掬夫展オープニングパ・.. 管理人代行 - 2006/07/03(Mon) 09:48 No.4048  

「堀内 掬夫展」のオープニングの模様をアップいたしました。
下記URLより御覧いただけます。

http://www.doral.co.jp/gallery/opening/0607/party/index.html



Re: 堀内 掬夫展オープニングパ・.. 管理人代行 - 2006/07/05(Wed) 16:44 No.4050  

「堀内 掬夫展」オープニングパーティの模様写真に、コメントを入れました。

PR
2007'01.31.Wed
おそい吉川聡子展記 投稿者:栄通 (丸島) 投稿日:2006/07/01(Sat) 13:07 No.4045  
 

4045.jpg  いつも、どらーる作品だけは感想文を送らなければと思っているのです。かなり自分勝手な言葉を掲載させて頂いているのに、礼儀を失することばかり多くてすいません。月は跨ぎましたが、展示場にはまだ吉川作品の空気臭や色香が残っていると思います。思い出しながらの感想文です。

 「薄く淡く・・」、確かに一目にはそうだが、そういう気持ちで重ねて観に行くと「やや重く暗さも」感じられる。
 無表情に近い人物像、小物は鳥や紙飛行機など『飛ぶ』を連想させる品々、――きっとダ・ビンチが好きなのだろう、鳥かごのある作品などはフェルメールを感じさせる――ドアや窓などは向こう側の世界を暗示させる。その窓などに描かれた景色が画中画になっているフだろうか。ソファーの背もたれの大きなカーブは大らかだが、大半の作品は直線のほうが支配的で、絵の空気感とあいまって少しばかり緊張感を伴う。ナルシズム的人物像が更に強めている。木々や花々はまさに日本画に特徴的装飾美だ。当然、生命や喜びを込めているのだろうが、やや常套的だ。美と色気の比重で言えば色が多いか。日常のヒトコマを画題にしている様だが、生活の喜びやら楽しさ・苦しさを表現しているのだろうか?生活に重なっている美を求めて、もしかしてズレて存在している異次元の美を求めているのかもしれない。
 淡々と見ていくと50号の小さな窓のある本を置いた椅子の作品(「いつもの場所で」F50)にぶつかった。 

 五月に西武赤レンガ館で「市根井光悦 大雪山写真展」を見た。68歳。一年のうちに八ヶ月は山で暮らしているという。山男である。
 「日高が男ならば、大雪は女です。僕はこの大雪を女性的で美しく撮りたい。例えばですよ、若くて素敵な女性を大雪を背景に撮ります。このイメージをね、この女性をスーと取り去って大雪の山だけで撮りたいんです。なかなか出来ないんですよ。でも、何とか撮れるかもしれません。この歳になって、やっと素直に山と向き合えるようになりました。・・」、市根井さんとこんな会話をした。

 もし吉川作品から女性像をスーと排除したらどんな印象だろう。同じなのだろうか、変わるのだろうか。逆に言えば、人物(自画像)を大きく描くことによって彼女の絵画は成功しているのだろうか。
 椅子だけの作品はあまりにシンプルだからいろんなことが思い浮かんでしまう。ゴッホの黄色い椅子の絵のように、椅子に託した自己の存在そのものの絵を描きたいのだろうか。人間やら人間模様を描きたいのだろうか。日本画特有の装飾性を無くす事によって、空(くう)あるいは空気感を表現したいのだろうか。この椅子の絵自体は中途半端な感じがするが、却って大作の鑑賞の楽しみを増してくれた。
 
 眠れるソファーの女性は何を夢見ているのだろう、覗き込む鳥になりたいものだ。

 
 追記  MAGまちこ記の気持ちの良いコメント、有難うございました



Re: おそい吉川聡子展記 竜馬@管理人 - 2006/07/01(Sat) 14:48 No.4046  

私は日本画は絵画の中でも好きな部類に入りますね。
でも、「分かるのか?」と問われたら勿論「全然分かっていない」と答えざるを得ません。
「それじゃ、日本画以外は?」と問われたら、やはり分かりませんけれど・・・(*^_^*)

吉川 聡子さんは上手な方なのでしょうが、何処が良いのかは具体的には分かっておりません。
ただ、初夏の爽やかな空気の様なものが画面から漂ってくるのに惹かれました。

>追記  MAGまちこ記の気持ちの良いコメント、有難うございました

私なんかの反応を気にしないでください。(*^_^*)
ただ、作家は自分をどう書いてくれようが気にしない強さを持っていますが、他人の名前を挙げて自分のことを書かれるのは辛いかも知れませんね。

2007'01.31.Wed
堀内掬夫展 投稿者:管理人代行 投稿日:2006/06/30(Fri) 18:10 No.4042  
 

明日から堀内掬夫展が始まります。
今回も飾りつけの風景を数枚撮影いたしましたので、掲載いたします。

 

 

2007'01.30.Tue
右目と左目のフーガ 投稿者:久保AB-ST元宏 投稿日:2006/05/31(Wed) 11:29 No.3930   HomePage
 

波多野恭輔展

~~ 右目と左目のフーガ ~~



うかつにも私は、風景画家は風景を描いているのだ、と、勘違いしていた。
もちろん、それは間違いだ。彼らは自らの内部の愉楽の波長と合った風景を一瞬にして掴み取り、
その選ばれた風景を画布に描く作業をすることにより、自らの愉楽を確認しているのだ。
たとえば、風景画家が丹念に複雑な中間色を使い分けたり、スピーディに原色を刷り込んだりする作業も、
自分の愉楽のレプリカとしての風景を鏡として、自分の愉楽の秘密を画布上に暴露する作業なのである。
この作業が鏡や写真を見ての自画像よりも奇妙であるのは、自分ではない他者である風景そのものに自分を探し出した、ということが一つ、
さらに、探し出した段階ではその理由は分からず、絵を描くことの果てにようやく得る、ということが二つ、
そして、これら全ての過程を支配しているのは描かれようとしている当事者である画家本人であるということ。
理由の三番目を補足すれば、自画像は機械的に提示できる鏡や写真を対象にできるが、
風景画の場合は、まず自分の投影である風景を探し出すという作業が加わるために、より人為的作業なのである。

それらの理由から、風景画家の場合は、描きたくなった風景を選んだ段階で、すでに作画の半分が終わったと言ってよい。

では、波多野のような画家は、どの段階で作画の半分が終えたと言えるのだろうか?

結論から先に言えば、
右目と左目を描き分けた時に、
波多野の絵は完成の半分にまでたどり着いたことになる。と、私は思う。

顔の中心に二つある「目」に代表されるように、
波多野のモチーフには多くの二元論が同居している。
つまり、
男と女、
オトナとコドモ、
人間と犬、
都会と田舎、
裕福と貧乏、
コンビナートと長屋、
お人よしと狡猾、
そして、右目と左目。

これらの二元論が同居しているために、一枚の絵として熟成された時には、
むしろ二元論をかたくなに拒む別の価値観が浮かび上がってきている。
それが何か答えが出る前に、さらには問う前に、絵の魅力が大きく観るものにかぶさってくる。
その異形さこそが、我々が波多野絵画に惹かれる根拠だ。


また、波多野の絵にイラストレーションを観たような錯覚を感じる者も多いことだろう。
たとえば、週刊誌『週刊新潮』の表紙絵を毎週、担当してみてもいいかも、
と、思えるぐらいの歩み寄りがある絵でもある。
このサービス精神にも似た印象を観る者が得る理由は、
波多野が描く先にあげた二元論の両者を別々の画法で描きわけているからである。
たとえば、「男」と「女」では、
男は細かい陰影と角ばった短いラインの接続の繰り返しで描かれ、
女は広い面に対する憧れから描かれている。
さらに、その「男」と「女」を「オトナ」という集合にくくった場合に対峙する「コドモ」は、
「オトナ」が共通して持つ分別気味な画法を無視して、
野生に近い人間の代表として荒々しく小刻みに重ねられる線と、
より不安定な色のばらまきで表現される。

58de812e.jpg
「とんぼ」(F20)

3ab5ad5e.jpg
「戻った娘」(S50)

たとえば、「戻った娘」(S50)における都会帰りの娘はどこまでも白く、なめらかな平面を持ち、
男の代表である父親は不器用な多角形として描かれ、
娘への理解を含む母親は白い頬かむりで女の平面を維持し、
コドモはどこまでも粗雑なままに描かれる。
このように、あらかじめ準備された二元論に基づき、
絵の登場人物の役割と性格の差異が明確になる絵画の技法で描き分けているのであるから、
絵を観る者にとっては、考える前に「分かっちゃう」のである。
これは演劇のテクニックであるキャラクタライズの手法を絵画に取り入れたとも判断できる。
つまり、絵画技法の使い分けによる、記号化、である。
そして、その結果生れる観る側の過剰な「理解」が
「波多野の絵は親しみのある絵である」という分類に閉じ込めてしまうのだ。
もちろん、このことは、けっして欠点ではない。

しかし、波多野の波多野たる所以は、「親しみ」どころではなく、むしろ「得体の知れなさ」にこそ、あるのだ。

その「得体の知れなさ」を現しているのが、
「神経症的な部分へのこだわり」と、「面のダイナミズム」という正反対の性格の同居である。
作品「戻った娘」で言えば、
8個のいびつな目が、「神経症的な部分へのこだわり」であり、
それと、
絵の上半分を占めている女の肌のような「面のダイナミズム」への異常なほどの関心との同居だ。

 

波多野の「面のダイナミズム」は、重ねて塗られる色と面の重層の快楽だけではなく、それぞれの作品の全体を覆っている。
彼の絵を少し離れて観ればすぐに分かることだが、彼の絵は実に絶妙の色配分のパッワークで出来上がっている。
それはまるで、その色配分こそが彼の最終目標であるかのようなぐらいのレベルの高さである。
もし彼が天才であるとするのならば、彼の才能の最も高い位置にあるのは、それだろう。
であるからこそ、「少女・ピアノ」(F100)という作品を描きたくなった波多野の衝動は理解できる。
fc180b0d.jpg
「少女・ピアノ」(F100)

 

この絵が持つ上品な抽象性は、本個展の中では異色に感じられた方もいることだろう。
しかし、先に私が述べた「キャラクタライズの手法」としての画法の観点から、女性だけが描かれた絵ばかりを観てみるとよく分かる。
女性しか登場しない絵には、男性が加わる絵と比べるとソフトな印象がある。さらに、男性のみの絵と比べてみると、そのソフトさが際立つ。
もちろん、これらは偶然ではない。
波多野は「男」を描く時に、「神経症的な部分へのこだわり」を画法に取り入れ、「女」を描く時には、「面のダイナミズム」を画法に大きく取り入れる。
この差異は、絵の中にいる「男」と「女」の比率によって見事に数値化できる。
fc8d63e3.jpg
「午後の部屋」(S50)
ca42e68a.jpg
「儲け話」(F100)
1430ae5e.jpg
「人の風景Ⅰ」(F100)

さらに、「面のダイナミズム」は巨大コンビナートのタンクや白い壁など、いたるところに、まるで「女」の代替のように描かれている。
また、「面のダイナミズム」は必要以上に広く描かれている「首」を描く時の執拗さにも現れている。
男であれ女であれ、「首」への興味は波多野の特徴である。

女、巨大コンビナート、首。
これらを描く時に根底にある「面のダイナミズム」は、その周辺に、男、クレーン、指などの「神経症的な部分へのこだわり」を配置することによって世界の一部となっている。

究極の「面のダイナミズム」絵画とは、裸婦であるのだが、
波多野の興味が裸婦に向わない理由は、
同時に「神経症的な部分へのこだわり」を描かなくては落ち着かないという
彼の大きな個性からである。

ちなみに、小品のサイズでは、スペースが必要な「面のダイナミズム」が出せない。
その点への反論として、小品である「鈍色の刻Ⅰ」(F3)が展示されている。
小品ながらも広くとられた左上の空間は
横に向う筆跡のマチエールと連動したかのように真横に流れる女の髪の毛、
そしてズバッと垂直に落とされる洋服の縦への動き。
またしても波多野は小品の中で「面のダイナミズム」を描ききったのである。

abba7766.jpg
「鈍色の刻Ⅰ」(F3)

58f3b0eb.jpg
「出かける前」(F4)

このようなサイズの制限が生む葛藤には、部分の主張が応えている。
たとえば、「出かける前」(F4)のテーブル上に
数式のように並べられた赤いトウガラシ(かニンジン?)が、
その役割を果たしている。

今回の個展全体の中で来場者が最も気になったのは、
「人の風景Ⅱ」(F50)で観た絵の上半分を覆うかのような白い壁であろう。
おそらくは、来場者の多くは、この白いスペースの意味を考えようとしつつも、
その答えを保留するという贅沢さに酔いながら、ゆっくりと、となりの絵へと足を向けたのだと思う。
この白いスペースが観るものに与える不安のような気分とは、この部分が「面のダイナミズム」であるのにもかかわらず、

同時に「神経症的な部分へのこだわり」でもあるという離れ業の両立を、
色、筆のタッチ、マチエールなどを総動員して実現させているからである。

 

ae4f027b.jpg
「人の風景Ⅱ」(F50)


波多野はコンビナートの巨大な腹を描きつつも同時に、神経質な鶏の群れのようなクレーンのつらなりを描き逃さない。
21c339a9.jpg
「「犬の道Ⅰ」(F30)

この「部分へのこだわり」が、同じ画面上で「面のダイナミズム」を得た時に起こる「部分超え」が、波多野の作品の「絶妙の色配分のパッワーク」へと昇華する動力なのだ。

この世は無数の「二元論」の同居によって成り立っている。
多角形が画数を増やすことによって、角の数が鋭角な印象を一時的には増やすが、さらに増え続ける過程の果てには、少し離れてみれば円に見えるようになる。
波多野が持つずば抜けた個性とは、そうではない、ということだ。
つまり、彼の絵の中には無数の「二元論」が同居している。
それらが増えれば増えるほど、その無数の末端がお互いに結びつき、巨大な円を形成してゆくのだろうが、
波多野の絵の場合は、そうは成らず、対立したままの「二元論」が、ささくれだったまま不機嫌な視線をこちらに向けているのだ。


さて、どうやら私は結論を先に書いたわりには、さらに設問ばかりを増やしてしまったようだ。
そろそろ、先に述べた結論へと駄文を加速せねばならない。


64f96b89.jpg
「落日」(F8)

波多野が描く人物には、横顔が無い。みんな、正面の顔だ。
完成度の高い作品「落日」(F8)に登場する犬にいたっては、顔は横を見ているのに両目はきちんと正面を向いている。
これは波多野がエジプト美術かピカソの影響を受けたからではなくて、そこに両目がなくてはならなかったからなのだ。

047.jpg

今回の個展では唯一、小品ながらも、「出かける前」(F4)に出てくる女のみが、横顔だ。

 

しかし、そうではあっても、中央の横顔の女を挟んで右の犬。
さらに、左の皿の上の黄色いチーズ(?)が、擬似的な正面顔を演じている。

 


なぜ、波多野は正面の顔にこだわるのだろうか。
つまり、彼は右目と左目を描きたかったのだ。
そして、彼の作品で最も重要な事実は、彼が描く右目と左目は均一ではない、ということだ。一人の人物が正面を見ている時の左右の目は同じになるべきである。
しかし、鰈のように離れて描かれた人物の左右の目は、どの人物をピック・アップしても、どれもが左右、違う目をしているのだ。
確かに現実の人間の顔も厳密には正確なシンメトリーでは、ない。
しかし、波多野は、いびつなぐらい左右の目を非対称に描く。あえてプリミティブに描いているかのように、だ。
目の非対称は、波多野の絵を写真に撮影したものではよくは分からない。現物の絵を観ると、疑いも無く明らかである。
c635d628.jpg
「何の話?」(F100)

そうすれば、波多野の描く人物は、
何を見ているのか?=何を考えているのか?

そこでどうしても触れなくてはならないのは、本個展のクライマックスである「ある日の集まり」(F15)である。
これは組合活動の集会か?でも、子供もいる?
ここで、今まで違う手法で描かれていた「男」、「女」、「コドモ」が同じタッチで描かれている。
その効果のために、この個展内のその他の絵を観てきたものは、奇妙なフラット感覚を味わうことになる。
描き分けられるべきタッチがフラットになった時に、異様に浮かび上がってくるのが人物の「目」である。
まるでもう波多野には、「目」以外には興味が無いかのようである。

ca67ee9d.jpg
「ある日の集まり」(F15)
波多野の絵に出てくる右目と左目はなぜ、同じ人物の同じ顔の中であるのに、違うのか?
それは人間の抱える両義性の象徴であり、複雑さの象徴である。
右目で信じ、左目で疑う。
右目で愛し、左目で憎む。
一見、分かりやすそうな波多野の絵の「得体の知れなさ」が凝縮されているのが、このアンバランスな左右の目だ。
だから、波多野の絵の人物は正面を向いていなければならないのだ。
波多野 恭輔とは、二元論がからみあうこの世界の風景を描く、風景画家なのである。

 

 

 

 







右目と左目のフガフガ 竜馬@管理人 - 2006/05/31(Wed) 13:28 No.3931  

3931.jpg 久保さんは44年間の人生の中で、美術も、武術(?)も学ばれたことは無い筈です。
この評論を読んでつくづく非才な管理人が批評したり、美術評論めいたことをこの書かないで来て良かったと思っています。
竜馬@管理人も絵画と接する様になってからかれこれ結構な年数になって参りました。
毎年、万にも余する作品を見ておりいっぱしの美術通になったかの錯覚に陥ったりしたこともありました。
しかし、どなたの個展を拝見しても久保さんの様な視点で作品や、作家を捉えるイマジネーションが湧いたことはありません。
私達が普通に美術を語る時に決して話題には上らない角度から切り込んでくる久保さん独特の感性の前には沈黙せざるを得ませんね。

それ以上に、直感で得た「特徴」を、あたかもディベイトの達人のごとく自在に展開するレトリックの多彩さを管理人の様な凡人はただただ羨望の眼で眺めているだけです。

眼と言えば、管理人目は年齢以上に機能が衰えており「右目と左目がフガフガ」になっております。

久保さんの寄稿された文章が「恐怖の超長文赤文字」と呼ばれた時から、久保さんの才能を看破した竜馬@管理人の目の確かさは、絵画を見る目以上のものだったのですね(ガクッ)。



右脳と左脳の、風化(がくっ)。 久保AB-ST元宏 - 2006/06/03(Sat) 11:40 No.3937   HomePage

3937.jpg 相変わらず、無知な部外者の赤インクの無駄遣いを推奨される竜馬さまの「目セナ」事業に感謝申し上げます。

また、先日は鬼の居ぬ間(?)の全自動洗濯機という離れ業を展開された6月1日『吉川聡子展』オープニング・パーティにおける、ムッシュ橋爪支配人&スマイリー平向功一画伯による名コンビ司会を楽しませていただきました。
竜馬さまにおかれましては、すでにプリティ岩松さまからの「始末書」(?)などで報告を受けられていらっしゃられることと存じますが、小島和夫画伯、鵜沼人士画伯のディープなスピーチ、さらに、それを受けての吉田豪介先生のユーモアの溢れた切り替えしなど、ギャラリーどらーるならではの知的遊戯に溢れたひと時でした。まさに、その雰囲気は竜馬さまが常に心がけていらっしゃられる環境作りであると私は思っていますので、鬼は居なくても子は育つ、ではなくて、鬼の霍乱ではなくて、まさに鬼の拡散(?)であると喜んだしだいです。

また、小島和夫画伯のスピーチにおける、「ギャラリーどらーるでの豊かな評論活動の魅力」については私は耳が痛く、
鵜沼人士画伯のスピーチにおける、「絵画評論はともすれば醜いものや痛々しいものを高く評価する傾向がありますが、今回の『吉川 聡子 展』のように、美しいものを美しいままに評価する姿勢をもっと大切にしていただきたい。」との発言を受けてぐるりとパーティ会場を見回せば、パーティに参加されていた全ての日本画の女流画家が「美しい」人ばかり(http://www.doral.co.jp/gallery/opening/0606/party/index.html、参照)であったので、目が潤みました。

オープニング・パーティ後は、ロビーで吉田豪介先生に引き止められる伊藤進教授と、アラバマ娘を拉致して、深夜のレストランで高級ワイン→真夜中のオヤジ・バーで高級カラオケ(?)を堪能させていただきました。

また、添付画像(マンガ左横の広告は、ただの単なるシャレです。ご注文せぬよう・笑)のマンガに私が描いたように我が沼田町ではビール・パーティの季節を向え、夜高あんどん製作中も含め、相変わらずのアルコールの日々が続いています。
若林博士のログハウスも竜馬さま仕様の構造疑惑補強工事が終了いたしましたので、是非、目薬&ハーリンさま持参で宿泊に来町していただければ幸いです。
まずは、ほんのひとこと、お礼まで。がくっ。



風化風化したベッドで 竜馬@管理人 - 2006/06/05(Mon) 14:36 No.3943  

沼田町の「ブン蚊人」のお二人がお出ましになるとは存じませんで、オープニングパーティーに不在を致しましたことお詫び申し上げます。
ホテルシェラトン札幌→ニュー富良野プリンスホテルと、フカフカしたベッドで宿泊しておりまて、プリティ小竜馬の撮影技術の向上をただただ祈るのみでした。
アラバマのカウガールのエミリィーもお元気そうで何よりでした。
近々、最新ログハウス&「山展」の実情調査の為にニセコに趣く予定がありますので、若林博士も現地集合でご協力して頂ければと願っております。

2007'01.30.Tue
吉川聡子展 投稿者:岩松@管理人代行 投稿日:2006/05/31(Wed) 19:18 No.3934  
 

波多野恭輔展も本日で終わり、明日から吉川聡子展が始まります。
飾りつけの風景を数枚撮影いたしましたので、アップいたします。

 

 



Re: 吉川聡子展 岩松@管理人代行 - 2006/06/02(Fri) 10:58 No.3936  

3936.jpg オープニングパーティの風景写真をアップいたしました。
下記アドレスから御覧になれます。

http://www.doral.co.jp/gallery/opening/0606/party/index.html

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]