忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.17.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.23.Tue
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/08/02(Tue) 13:07 No.3156  
 

3156.jpg ■「鳴海 伸一展」大丸藤井セントラル・ノーザンギャラリー

会期:8月9日(火)~14日(日)

鳴海さんの作品は、1月の「New Point展」と5月の国展で拝見しております。
国展では確か「前田賞」を受賞されていたはずです。
先月かに、道都大学のOB展にも出品されておりましたが、それは拝見できずにおりました。

今回はリトを中心とした近作の発表とのことです。



展覧会 竜馬@管理人 - 2005/08/11(Thu) 11:19 No.3184  

3184.jpg ◆「鳴海 伸一展」 大丸藤井セントラル・ノーザンギャラリー

想像していたより若い作家さんでした。
現在29歳、版画を始めてまだ7年とのことです。
元々建築を専門にされていて設計事務所にも勤務されていた方だとのことです。
会場の一番奥にいかにも大切そうに鳴海さんの最初の版画作品「都市彷徨1998」を飾ってありましたが、建築(都市設計・環境デザイン)を髣髴させると言うか、設計プランニングそのものに見えました。
版画との出会いは、道展会員で今年、国画会会員になった道都大学助教授の内藤 克人さんとの出会いだそうです。
内藤さんにリトグラフの教えを受けて来たのですが、鳴海さんが国画会で昨年「新人賞」、今年「前田賞」と連続受賞をして、自分のオリジナリティーの創造に模索している最中とのことでした。

今回の初個展は、リトグラフの作品(「都市彷徨 ~PLANET~2002」「都市彷徨 MO・YU・RU2004」)、木版とリトグラフ(「都市彷徨 ~Explorer~2004」「都市彷徨 ~ORIJIN~2005」)、木版・、リトグラフの併用版(「都市彷徨 ~voidⅡ~2005」「都市彷徨 ~voidⅤ~2005」「都市彷徨 ~voidⅢ2005~」)、リトに使うアルミ板を腐食させた版(「ENIGMA2004」「ENIGMAⅡ2004」)、アルミ板を腐食させた版とリトグラフ併用版(「知流2005」)などの作品を展示しております。
ご紹介した作品以外にも多数展示しております。
経験や、年齢を考えても制作の技術や感性が優れていると感じましたが、何よりも作家が私たち素人の素朴な質問にも真摯に対応している姿勢が気に入りました。
今後とも注目して行きたい作家の一人です。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1007] [1006] [1005] [1004] [1003] [1002] [1001] [1000] [999] [998] [997
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]