忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'10.20.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.23.Tue
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/07/31(Sun) 21:50 No.3149  
 

3149.jpg ■「村上 陽一個展」札幌時計台ギャラリー 8月8日~13日

昨年2004年8月に「ギャラリーどらーる」で個展をされた
http://www.doral.co.jp/gallery/kako/2004/08/index.html
帯広市在住の村上 陽一さんの個展のご案内です。

村上 陽一さんからご案内状を含めて頂くお手紙に、いつも「坂本 広雄」となつているのが気になります(ガクッ)。




展覧会 竜馬@管理人 - 2005/08/09(Tue) 11:17 No.3172  

3172.jpg ◆「村上 陽一個展」 札幌時計台ギャラリー

道展会員・二紀会所属の村上 陽一さんの個展を訪れました。
「ギャラリーどらーる」での個展は2~3年前かと思っていたら、丁度1年前の2004年8月の個展でした。

丹野 信吾さんの展覧会を観てからC室の会場に入ったので、一瞬絵のサイズがやたら大きく見えました。
120号位かと思ったのですがS100号で揃えてありました。二紀のサイズ制限に合わせた制作をしているのだと思います。
大きな作品が8点、その他にモノクロームの小品10点ばかりと、舗石の上に彩色した小品「白・花」シリーズが数点(作品1作品2)展示されておりました。

2000年の作品「石の船」が一番古く、次いで2001年の「静祥」、2003年の「石の船」、2004年の「石の船」「月箱」と昨年までに制作した作品が展示されております。
昨年の「ギャラリーどらーる」で飾った作品を全て外して、旧作にしても札幌で発表していない作品で揃えて来た姿勢は評価できますね。

今年制作した大きな絵は3点で、「羽塔」「羽船」の2枚を撮影して来ました。
もう1枚写した積もりだったのですが、駄馬と化した竜馬@管理人忘れたのか旧作の中に入れてしまったのか画像がありません。
小品は、建築物の円錐とか球体を取り出して「建築家の遺産」シリーズとして以前から発表しておりましたが、今回はそれを“版画風”に処理して独自性を出しておりました(作品1作品2作品3)。

会場にこのページでも時折登場する某著名作家が来場しておりまして、『どうしてこんなに茶色をかけているのか?古くて茶褐色に変色した写真でも最近は復元する人が多いし、この茶色を取り除いたらきれいな絵になるのに・・』と、結構しつこく話しかけておりました。
村上 陽一さんの閉口した顔が面白かったです。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1003] [1002] [1001] [1000] [999] [998] [997] [996] [995] [994] [993
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]