忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.17.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.22.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/04/30(Sat) 10:12 No.2820  
 

2820.jpg ■「生誕100年 本郷 新 展 響け魂のこえ

会場:札幌芸術の森美術館
会場:札幌彫刻美術館

会期:5月21日(土)~6月19日(日)

戦後日本の具象彫刻を代表する本郷 新 は、日本全国に数々の野外彫刻を制作しております。
古里札幌には、大通公園に「泉の像」、真駒内公園には札幌五輪記念碑の「雪華の像」などで市民に親しまれております。
中央区宮の森にある札幌彫刻美術館は寄贈された本郷 新 のアトリエを元に開館いたしました。
その様なご縁で、宮の森の緑地にも、町内会館にも作品が寄贈されております。(余計な情報でした)



Re: 展覧会案内 竜馬@管理人 - 2005/05/22(Sun) 12:30 No.2891  

2891.jpg ◆「生誕100年 本郷 新 展 響け魂のこえ」

初日でオープニングセレモニーにも出席し、観覧してまいりました。
今回の展覧会は、本郷 新 の初期から晩年までの代表作62点を「札幌芸術の森美術館」に展示すると共に、本郷の札幌のアトリエでもあった宮の森の「札幌彫刻美術館」に於いて作家の交友を示す肖像彫刻や、日々の制作活動を髣髴させる資料などを展示する2会場の総合展覧会となっております。

オープニングセレモニーには東京からもツアーを組んで大勢の本郷家関係者・ファンが出席をいたしておりました。

代表的な作品の「わだつみのこえ」、「若い男の首」、「声あり」、「里女」、「」、「」、「蒼穹」、「緑の賛歌」、「氷雪の門」、「土と火の祭り」、「無辜の民-仏生」、「遥かなる母子像」を撮影して参りました。

会場の出口の壁に、1980年中央公論社発行の『彫刻の美』に寄稿した「彫刻十戒」が展示してありました。

オープニングセレモニーは久しぶりの快晴の下、屋外で行われました。
彫刻美術館も撮影させてくれたらご紹介いたします。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[921] [920] [919] [918] [917] [916] [915] [914] [913] [912] [911
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]