忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'09.22.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.22.Mon
明日、連れて行きます 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/06/27(Mon) 21:06 No.3031  
 

連日掲示板を盛り上げてくださいました皆様、本当にありがとうございました。
気持ちの張りと、皆様の激励に勇気付けられたのか数値がここ数日でグンと良くなりました。
医師の許可を頂けましたので、本日帰宅し明日朝に深川に連れて行くことが可能になりました。



Re: 明日、連れて行きます 浦 隆一 - 2005/06/27(Mon) 23:27 No.3032   HomePage

3032.jpg 良かった~!ホットしました。新作の製作、期待しております。
DVDは数々の個展開催の一つとして、永久保存版にしてください。
いくら高級なDVカメラを使っても坂本順子さんの作品の色調は出ないし最高級ビデオ編集システムでも色相出せなくて苦労しました。
本当に、おめでとうございます。



浦さん違います 竜馬@管理人 - 2005/06/28(Tue) 05:49 No.3033  

一目見せてあげる為に外出許可をもらっただけです。
今晩は又病院です。



Re: 明日、連れて行きます 栄通 - 2005/06/28(Tue) 09:18 No.3034  

良かったですね。我が家人とも、「一度観に行けると良いのにね」などと話すこともあります。深川は近くもあり、遠くもあり。高速で行かれると思いますが気おつけてくでさい。

 久保さんのことだから、きっと『歓迎キララ饅頭』でのご送迎でしょう。私も食したかったな。

 先日の先客、風韻・国松さんでした。失礼しました。



ついに発売!? 久保AB-ST元宏 - 2005/06/28(Tue) 14:36 No.3035   HomePage

3035.jpg >久保さんのことだから、きっと『歓迎キララ饅頭』

■全国300万人の坂本順子ファンの皆様、ご夫妻はただ今、深川市より帰路に向かいました。
医学にも無知な私ですが、想像以上にお元気そうに見受けました。最初は、誰からお借りになられたのか、高級肥満児用スティックに頼っての歩行でしたが、しばらくすると、数ヶ月も歩行すらされていなかったとは思えない蝶のようにかろやかなステップで両展覧会をご覧になられていました。歳をとると疲れが翌日に来ると言いますので(がくっ)、明日&あさっては、どうか安静にベッドで、まんじゅうでも食べていてください。
■在廊中も、ニセコからの徳丸滋画伯夫妻のご訪問など、立て続けに訪問客があり、順子画伯にとっては喜びのひと時であったかと思います。数多くの来客者たちにとっても、まさか伝説の某美人画伯ご本人がいらっしゃるとは思ってもいなかったので驚かれていた様子です。
■お迎えになられた、渡辺貞之&通子画伯夫妻も、たいへん喜ばれていた姿が印象的です。貞之画伯は、これから大きな個展を某ギャラリーで開催されるそうで、充実の日々を過ごされているようです。連続のお客様に、コーヒーをいれるなどの対応に追われる通子画伯のお手伝いに、私も茶碗を数個洗わせていただきました。才能のあるものは絵を描き、金のあるものは絵を買い、才能も金もない私は茶碗を洗うことで美術界に初めて貢献できたと喜び、そっと茶碗に涙を落としました(←ウソ)。
■平日の午前中が、こんなに混んでいるのですから、さぞや土日は・・・?と、JR深川駅のキヨスクに探りを入れにいったところ、なんと、そこには添付写真の、ほらっ、例のものが売っていました!



久保さん・若林博士に感謝 竜馬@管理人 - 2005/06/28(Tue) 20:26 No.3037  

3037.jpg 深川アートホール東洲館に車椅子が備えていないので慌てました。
しかし、沼田町の文化人が『それ歩け!もう1歩歩け!』『上手、上手。その調子』と大声で励ましてくださったので、本人は恥ずかしさのあまり、逃げ出そうと必死に歩んでおりましたよ。
いつもながらのお心遣いに憤怒の炎が燃え上がりました(笑)。
渡辺 貞之館長が「坂本 順子まんじゅう」を見て、うなかがめーゆ美術館でも売りたいと言ったのには笑いました。

直ぐ戻る予定だったのにですが、両会場には1時間ずつも滞在してしまいました。
徳丸ご夫妻、新道展の金内 敬子、櫻井由紀子さん、古田 榮子さん、現代美術の艾沢 詳子・陶芸家の菊地 絹江さん、全道展の江幡やす子・神谷 礼子さん、小川さん・桔梗さんたちが続々といらして下さったのには驚きでした。

このままでは帰れなくなると、涙を呑んで皆さんの見送りを受けて帰らせてもらいました。

自宅から先程病院に戻りましたが、そのタクシーの運転手さんが沼田町(モエの丘の辺り)の青木シンジさんという方で、久保さん・若林博士をよくご存知だったそうです(笑)。

冗談抜きに久保さんお世話になりました。お礼を申し上げます。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[970] [969] [968] [967] [966] [965] [964] [963] [962] [961] [960
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]