忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.18.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.22.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/06/08(Wed) 17:30 No.2935  
 

2935.jpg ■「第5回RUBICON展」 東邦アート(銀座8丁目)

6月20日(月)~25日(土)

広島市立大学の芸術学部油彩専攻科卒業生の選抜展です。
5年前偶然に銀座を歩いていて展覧会に遭遇しました。
その時は、大学院の修了生の選抜展でなかったかと記憶しております。
たまたま「ギャラリーどらーる」で1998年12月に個展をしていただいた野田 弘志さんhttp://www.doral.co.jp/gallery/kako/1998/12/index.html
の教え子たちの展覧会であったので拝見いたしました。
以来昨年まで全てのRUBICON展を欠かさず見ております。
このグループの最上級生だった、大路 誠 さんとも知己になりまして、5月1日にも同じ会場で行われた「視展 ~存在へのまなざし~」も拝見しております。
この時は二期生と三期生、講師の森永 昌司さん、一期生の永山 優子さんが出品されておりました。
今回の「RUBICON展」は人数が増えた様で、多分リアリズム系の方ばかりではないと思います。



展覧会 竜馬@管理人 - 2005/06/25(Sat) 23:11 No.3007  

3007.jpg ◆「第5回RUBICON展 ―骰は投げられた―」 東邦アート

本日終了した展覧会ですが、最終日前日に社用で上京する機会があり観覧できました。

こういう書き方をすると誤解を招くかも知れないのですが、東日本ではそれ程メジャーでなかったこの選抜展を最初に観たのは偶然からでした。

以来、この時期に上京するタイミングが不思議と合致し、今回で5年間連続して観て参りました。

代表格の大路 誠 さんとも知り合いになり、今では心から応援しております。

今回は、今までの4回よりもメンバーも増え、作品ジャンルもバラエティーに富んできた感がいたしました。
選抜されたメンバーが13名に、野田 弘志さんを始めとした賛助出品者5名の展覧会になりました。
一人3~4点の出展でしたが、1~2点ずつご紹介します。
■ 二期生
 大路 誠  「パプリカ P6」「朧月 S30」「部分拡大1」「部分拡大2」
 松村 卓志 「水面の風景Ⅱ―KUMANO― S4」「静かな午後 F8」
 向井 淳子 「青の洞窟 銅版画」「in the 銅版画」「花のかざり リトグラフ」
■ 三期生
 寺尾 佳子 「「緩やかな記憶」作品2
 牧原 竜浩 「七本の鑿」「巡礼者の道Ⅱ」  
■ 四期生
 伊吹真知子 「薔薇 P6」「薔薇 P8」「天秤とその前で泳ぐ金魚」
 山口 俊郎 「静物―骨と瓶― F8」「現身―幸子― F50」
 湯浅ひろみ 「たんぽぽ F6」部分拡大「溝の中の小世界 M30」部分拡大
 M・イクバル 「destruction of civilization2 S6」「destruction of civilization3 F30」
■ 五期生
 亀山 裕昭 「尾去沢 M30」「seaside by my side」
■ 六期生
 笹井 孝太 「庭 F40」「草木図 F6」「さつき ―山― F20」
 野口 哲哉 「白檀塗紫糸威当世紬 F6」「片身段替威鉄腹巻残像図 P30」
 最上 智恵 「無題 エッチング」
■ 賛助出品
 野田 弘志 
 堀  研 
 大矢 英雄
 友安 一成
 森永 昌司

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[966] [965] [964] [963] [962] [961] [960] [959] [958] [957] [956
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]