忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'11.19.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.29.Mon
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/11/16(Wed) 14:00 No.3455  
 

3455.jpg ■「藤田 真理 展」 ギャラリー ミヤシタ

11月16日(水)~12月4日(日)

今年の8月に、浅井学園大学 北方圏学術情報センター ポルト ギャラリーでの「絵画の場合 展」に出品されていた藤田 真理さんの個展のご案内です。

公募展に所属しておりませんので、それ程多くは拝見しておりませんが、ポルトでの「湖花」「こうべを垂れる」の2点は良かったと思います。



展覧会 竜馬@管理人 - 2005/11/17(Thu) 11:10 No.3458  

3458.jpg ◆「藤田 真理展」

ギャラリーから家人宛てにDMは届いておりましたが、作家からご案内が届いたのが開催日でした。
大急ぎでご案内をUPしました。

夕方遅くに伺い、藤田さんご本人ともお会いすることが出来ました。
今年7月にカフェエスキスでの「2005 絵画の場合 ―小品展―」でお会いした時にキャンバスに切れ目を入れて、樹脂粘土のツブツブを埋め込んだ作品を展示しておりました。

「あの時からずーっとそんな仕事にハマッて・・」と笑っておりましたが、今回の個展は純粋な平面はポルトに出品した油彩の「こうべを垂れる」と、アクリルとガッシュの「ピラミッド 人科」「人のなる樹」の3点だけで、他はエスキスでの作品を進化させたレリーフみたいな作品でした。
エスキスでは深い紺色だったものが今回は全て白で統一されておりました。
「沈黙の壁」その部分拡大と、同じタイトルの「沈黙の壁」「沈黙―表出」・その部分拡大に変化しておりました。
上部の平面部分は石膏かと尋ねましたところ、石膏にしたら重くなりすぎて撓んでしまうのでポリエステル樹脂にしたとのことでありました。
ツブツブの部分は樹脂粘土をモミモミして作ったとのことですが、観る者のイメージを膨らませてくれます。
草花の実にも見えるし、海草にも見えると言いましたら、「イクラがそんなに食べたいのか?」と言われると笑っておりました。
平面は3点でしたが「天井の高さや照明で・・」と油彩でなくアクリルヤガッシュで2点制作されておりました。
素人の私には油彩の作品に捨てがたい味を感じましたが、私などには分からない作家のイメージなのでしょう。
大体は在廊している予定だそうですが、昼間は外すこともあるけれど、期間中5時以降はほとんどおられるとのことでした。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1100] [1099] [1098] [1097] [1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091] [1090
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]