忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'07.26.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'09.24.Wed
■「第50回 麓彩会展」



麓彩会展も50回目の記念展を迎えて、1点の出品作家はおらず大半の方が2点~3点、多い人は5点~6点と出品しておりました。
いつもは小川原 脩 常設展をしている会場も使っての大きな展覧会になりました。

全員の作品をご紹介しますが、場合によっては全作品をご紹介しない場合もありますので予めおことわりしておきます


画像の上にカーソルを乗せるとタイトル・制作年・サイズが出てきます。
クリックすると大きな画像になります。


〔小川原 脩 〕
倶知安町に生まれ、現東京芸大を卒業。
戦後倶知安に戻り全道展の創立に参加。
1958年に酒井 嘉也、野本 醇 、因藤 寿 、穂井田日出麻呂氏らと麓彩会を立ち上げる。

「呪物」1958年 162.0×130.3 「陰のある風景」1998年 72.7×91.0


〔故 後藤 康也〕
倶知安生まれで元全道展会員。故人。

「茅沼炭住遠望」1948年 45.5×60.6 「工場地帯(A)」1977年 60.6×72.7


〔酒井 嘉也〕
倶知安生まれの倶知安在住。三軌会会員。

「切岸堆化」1976年 116.7×91.0 「地層」1995年 162.0×130.3 「石切場」162.0×130.3


〔恩田 信行〕
倶知安生まれ、札幌在住。
三軌会会友・全道展出品。

「一人立つ」1996年 162.0×130.3 「状況」2000年 162.0×130.3


〔菊池ひとみ〕
京極町生まれ、新十津川町在住。
全道展出品。

「五月の室内」2006年 162.0×194.0 「素朴な風景(晩秋)」2005年 194.0×162.0


〔木滑 邦夫〕
千歳生まれ、千歳在住。全道展会友
教員を定年退職し、画業に本腰。

「降雪」2008年 130.3×162.0 「春声」2008年 130.3×162.0


〔坂口 清一〕
岩内町生まれ、札幌在住。
全道展会員。

「遠い季節」2006年 194.0×130.3 「遠い季節」2008年 194.0×130.3


〔志津 照男〕
岩内町生まれ、仁木町在住。元全道展会友。

「木霊(こだま)Ⅰ」2007年 162.0×130.3 「木霊(こだま)Ⅱ」2008年 162.0×130.3 「木霊(こだま)Ⅲ」2008年 162.0×130.3


〔鈴木 康子〕
京極町生まれ。登別市在住
野本 醇 「北の箱舟美術館」オーナー


「共鳴2008A」 「共鳴2008B」 「」


〔谷口 一芳〕
当別町生まれ、札幌市在住
全道展会員・春陽会会員

「共生の道標」2003年 194.0×130.3 「梟の園Ⅲ」2001年 130.3×194.0


〔田丸 公記〕
北見市生まれ、札幌市在住
全道展会友

「ものたちの貌」1991年 162.0×193.9 「静物」1973年 130.0×162.3


〔徳丸 滋 〕
帯広市生まれ、倶知安町在住
元全道展会員。現ニセコの「STギャラリー」主宰

「ある女」1973年 162.0×130.3 「ある男」1973年 162.0×130.3


羊蹄山・ニセコ連峰を中心とした山とその周辺の林、樹木、湖などの風景や花・昆虫・野菜などを独特のタッチで描いている画家です。
この麓彩会展に何年か前から通うようになったのも徳丸 滋 さんのお誘いによるものです。

〔野本 醇 〕
函館市生まれ、伊達市在住
全道展会員・主体展会員
2007年度 北海道文化賞を受賞しております。

「木霊」1999年 194.0×130.3 「森の精」2000年 194.0×130.3


〔林 雅治〕
京都市生まれ、倶知安町在住
京都の有名陶房の家に生まれ、橋本 武氏、備前作家伊勢崎 淳氏に学んでいます。
毎年、この麓彩会展と時期を合わせて野外彫刻展「風の中の展覧会」のまとめ役を務めております。

「ウエーブ」手びねり1986年 「作品04-2」手びねり 「作品08-1」手びねり


〔羽山 雅愉〕
釧路市生まれ、小樽市在住
全道展会員
小樽・釧路を主に港町の夕暮れなどを叙情たっぷりに書き上げる独特の作品は知られております。

「朝光・小樽」2006年 130.3×162.0 「黄昏・釧路」2006年 130.3×162.0


〔穂井田日出麿〕
江丹別村生まれ、古平町在住
全道展会員

「老漁夫とはずし娘」2005年 162.0×162.0 「はずし娘さん」2006年 162.0×162.0


〔宮崎 むつ〕
室蘭市生まれ、札幌市在住
全道展会員

「ひらく」2004年 162.0×162.0 「ひらく」2004年 162.0×162.0


〔米澤 邦子〕
室蘭市生まれ、札幌市在住
全道展会員

「物語の森」2007年 130.3×162.0 「流々草花」2008年 130.3×162.0


〔渡辺 嘉之〕
古平町生まれ、古平町在住
全道展出品

「矢来の遣る浜」2008年 90.9×116.7 「廃船のある浜」2007年


ニセコの山々と、羊蹄山を背にした本当に風景の良い素晴らしい環境にある美術館です。
会期はもうすぐ終わりますがぜひ週末に行かれることをお薦めいたします。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[1429] [1428] [1427] [1426] [1425] [1424] [1423] [1422] [1421] [1420] [1419
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]