忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'10.18.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.19.Fri
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/01/22(Sat) 18:17 No.2464  
 

◆「米国ヴァーモントでの川上 りえ個展」

彫刻家の川上 りえさんからメールを頂きました。昨年秋の米国のヴァーモント州での個展の模様を写した画像を付けてありましたので、ご紹介したいと思います。
既に北海道美術ネットにて梁井 朗 さんがご紹介をしておりましたので、ご覧になった方もおられると思いますがご紹介させて頂きます。

大変ご無沙汰をしております。川上りえです。
昨年秋、アメリカのヴァーモント・スタジオ・センターでのレジデンスを無事終え、12月に帰国致しました。
センターのレッドミルギャラリーにおける個展のご報告を兼ねて、展覧会の画像を添付致しますので、どうかご覧ください。

今回は、インタラクティブなプロジェクトにチャレンジしました。
これは、人々の意志(Will)の働きかけによる変化をを形に置き換える試みです。
展覧会にはいつもワインとデザートが用意されるのですが、ここでは、作品を通過しないと辿り着けないという趣向になっています。
皆さん最初はおそるおそる触っていましたが、だんだん大胆に曲げるようになり、最初の形状はすっかりなくなりました。作品の変化を楽しんで頂けたら幸いです。
遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
川上りえ 

とても興味深い試みですね。参加型の作品展示はいろいろな所で行われておりますが、気弱な私などは一歩退いてしまうことが多いのですが、「作品に触れたい」、「形を変えてみたい」との意志はどこかに持ち合わせているものだと思います。
その意味では写真の針金は素材として適しているように思います。
まして、作品をかき分けて進む先にワインとオードブルがあれば・・・。
添付されておりました画像は、
biginning

opening

process-1

process-2

finalday

after showing
時系列的に6段階に分けて撮影しており、参加者の意志により変形して行く過程が良く表れております。

川上 りえさんの昨年の札幌での展覧会は「テンポラリースペース」から道展まですべて拝見しております。
2005年も何を訴えて来られるのか楽しみにしております。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[802] [801] [800] [799] [798] [797] [796] [795] [794] [793] [792
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]