忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.18.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.19.Fri
展覧会 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/01/24(Mon) 23:29 No.2472  
 

2472.jpg ◆「2005年春陽会 道作家展(絵画部)」 札幌時計台ギャラリー

「春陽会北海道研究会」と名づけた勉強会を年に4回ほど行っております。
この展覧会もその一環として位置づけられているそうです。

春陽は一般・会友は「3点以上出品」がほぼ不文律のようになっているそうですから、今回会友・一般の方は2点ずつ飾っておりますので、もう1点を加えて本展に出品するのでしょうか。

会員の折登 朱実さんの水彩画「桑園附近」(F40)は表面のアクリル板が反射して作品の良さを出せませんでした。
谷口 一芳さん「家族」(S50)も小さい絵でありながら迫力がありました。
八木 伸子さん「1月の窓」(S30)は宮の森のご自宅からの風景を描いた小品で、フアンの私には堪らない作品です。
宮西 詔路さん「」(F60)、安田 完 さん「復活について」(F100)はそれぞれ特徴のある作品でした。
宮西・安田両氏は体調を崩されているとおききしましたが、ご快癒をお祈りします。

【会友】
小黒 雅子さん「」はすっきりとして動きの感じる抽象画でした。崎山かづこ「映-Ⅰ・Ⅱ」は不透明水彩で描いたS100とF100。
佐藤 愛子さん「ペットと私」はカラフルな色合いで目を引きました。
新出リエ子さん「黙々と」(F130)と「育む」(F130)は共に向日葵を描いたと聞いたのですが、「黙々と」は向日葵と云うより三葉虫の時代の海底の生物を描いている様に思えて面白いと思いました。又、「黙々と」に使われている暖かい黒が効果的に思えて印象的でした。

【一般・研究生】
荒川 敬子さん「13月の風B」は、ずーっと長い間抽象を描いていたのを見ていただけに、今回人物が入り、具象っぽくなっていたので驚きました。
凍河-ながれゆくもの」(F130)、「凍河-予感」(F100)の奥山 哲三さんは、大谷高校で美術の教師をされておりますが、従来どの公募展にも出しておられなかった方です。
昨年初めて春陽に出品されましたが、初出品で入選されて注目されている方です。
撮影した作品画像が少し本物と違っていると感じましたので、会の長老の谷口 一芳さんを写した背後により近い色の作品が写っていますので添付しました。

以上お名前をあげた方のそれぞれの作品をリンクしますが、本日も遅くなりましたので明日の午前中に貼り付けます。



Re: 展覧会 カリンズ - 2005/01/26(Wed) 17:37 No.2487  

竜馬さま こんばんは

  順子さんの写真を見せて頂いて、
  宮の森もかなりの積雪ですね!
 
  我が家の前の雪山も私が除雪機で積み上げ
  3メートルにはなってます。
  早く排雪車が来て欲しいです・・・

  先日の平野俊一さんの読ませていただきました。
  5月の横浜での個展の写真、平野さんのHPを
  訪れるのを楽しみにしてます。

  八木伸子さんの『1月の窓』 大好きです!
  色も情景も空気も本当に惹かれます。
  八木さんの作品はずーと見続けていますが、
  『1月の窓』は特に心にしみます。
  歳を重ねてこの様な作品を描かれるのは、
  なんて素晴らしい事かとつくづく思います。
  



Re: 展覧会 竜馬@管理人 - 2005/01/26(Wed) 22:14 No.2488  

カリンズさま、今晩は。

雪も多いし、寒い日が続きますね。

私も年末の25日に骨折して以来ひと月を経過しました。少し良くなりかけた今日、又転びそうになり慌てました。

八木 伸子さんは絵は勿論ですがお人柄に惹かれます。とても優しい方ですが、絵に向かう姿勢は怖いくらいですね。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802] [801] [800] [799
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]