忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'10.20.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.31.Wed
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/08/19(Sat) 09:46 No.4245  
 

4245.jpg ■「06自由美術/北海道グループ展」

会場:札幌時計台ギャラリー A/B室

会期:8月28日(月)~9月2日(土)

自由美術展の巡回展が北海道に来なくなってから毎年この時期に行っている展覧会です。

作品も大きなものが少なく、一見地味ですが確かな力量を感じさせる方が多くおられて好きな展覧会です。
今年は昨年より何名か増えていますね。



展覧会 竜馬@管理人 - 2006/08/31(Thu) 17:59 No.4287  

◆「06自由美術/北海道グループ展」

体調が優れず本日昼休みにやっと観ることが出来ました。
森山 誠 さんが教室の皆さんと食事に出るところで、森山さんの作品のことだけ伺いました。
「このままでは出せないので、この展覧会が終わったら背景を書き直して本展にだそうと思っています」とのことでしたが、相変わらずウマイ!

高橋 靖子の作品の前に立った時、7月と8月に管理人の陋屋に全道展のお仲間の富田 知子さん・鈴木 智子さんとご一緒にお出で頂いたことを思い出し、その時のことも描いてあるかなとチェックしているとご本人が現れました。
100号の作品の横に、小さな「BOX作品」がチョコンと飾られており、とても素晴らしくて気に入りました。
「テフテフ」と名づけたそうですが、ボックスの中の赤い布に蝶の切手をコラージュし、蝶を刺繍してあるお洒落な作品で、
来月に予定している深川のうなかがめーゆの個展ではこの傾向の作品を少しそろえたいとのことでした。
『靖子さん、これ下さいよ』とお願いを、しばらく使った後に譲り受けることに致しました。
裏側も作品になっているので、ご当人に持ってもらいました。

全道展では触れなかったのですが杉吉 篤さんの作品に力強さと生命感が戻って来たことを感じました。
他には佐藤 泰子さんの作品が気に入りました。勿論今までも良かったのですが、何かがスーッと抜け落ちたようで透明感が増した作品になっているように思いました。
管理人の戯言はこの位にして作品をご紹介します。順不同です。

中間弥生 「本当はたかがしれているって知っている」
       「その思い出で30年をとびこえる」
山平博子 「飛躍のとき」

宮崎 亨 「人生のゴール」
       「道」
黒田 孝 「擬態」

北島裕子 「さばく・花」
       「おだやかな光」
杉吉 篤 「罰」
       「力」
森山 誠 「memory 06-4」
       「卓上 06-6」
高橋靖子 「'06(記)バーミリオン」

佐藤栄美子 「Last Sixty Miles」 大崎和男 「イランカラプテ」
佐藤泰子 「finish」 佐々木俊二 「帰還」
深谷栄樹 「森のかたち(冬)」
       「森のかたち(秋)」
工藤牧子 「萌芽Ⅰ、萌芽Ⅱ」

永野曜一 「ダイナモ」
       「コスモス」
川森 巧 「光景-正義」

和田義雄 「静けさの中に」 山本 昇 「夏の夜」
       「さえずり」
井上すみ子 「赤の記憶(波に浮く女)」  
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1319] [1318] [1317] [1316] [1315] [1314] [1313] [1312] [1311] [1310] [1309
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]