忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.17.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.22.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/06/04(Sat) 11:53 No.2918  
 

2918.jpg ■「第35回 グルッペ・ゼーエン展」 札幌時計台ギャラリー

会期:6月13日(月)~18日(土)

北海道学芸大学(現北海道教育大学)特設美術科の第3期生のグループ展です。35年間続けたことは素晴らしいことですね。
昨年から6名での展覧会になっております。AB室使用の展覧会です。



展覧会 竜馬@管理人 - 2005/06/14(Tue) 23:36 No.2948  

2948.jpg ◆「第35回 グルッペ・ゼーエン展」 札幌時計台ギャラリー

特美の3期生と云えば私より1歳~2歳年上でないかと思います。
毎回ご案内を下さる丸藤 信也さん(1997年ギャラリーどらーるで個展 http://www.doral.co.jp/gallery/kako/1997/11/index.html)は高校で少し遅れておりますから、今年67歳になると思います。
その年齢を感じさせないすごいエネルギーを頂いて戻りました。
今年もメンバーは丸藤 信也・野崎 嘉男(道展会員)・玉木 憲治(道展会員)・西本 久子・井上 象元(岐阜県)・多田 紘一(道展会員)の6人です。

丸藤さんは細い筆で小さな線を根気強く描く作品です。
今回の展示作品も「良くまあこんなに描いたな・・」と感心いたしました。
小さな作品(作品1作品2作品3)と、「かさねの色目(春)」「かさねの色目(夏)」「かさねの色目(秋)」「かさねの色目(冬)」「かさねの色目(四季通年)」の5部作の大きな作品を出品しておりました。

野崎さんは「宙シリーズ(作品1作品2作品3作品4)」を大小取り混ぜて多数展示しております。

玉木さんは木版画で「一版多色刷り」と言って良いのでしょうか、繁華の刷りの後に絵の具を載せて押す手法で全く同じ作品が無いという版画です。
「徊シリーズ(作品1作品2作品3作品4)」を展示しております。

西本さんは札幌大谷短期大学で教えている染色家で、今回はシルクオーガンジーという平織りの生地を、嵐絞りの絞り手法で染めた色とりどりの布でのインスタレーション展示でした。
「ふぁー(画像1画像2画像3画像4)」とその部分を見てもらいたいのですが、淡い微妙な色合いがとても美しいものでした。

井上さんは岐阜県の聖徳学園で教えておられる方という以外は私は詳しく知りませんが、「青のシリーズ(画像1作品1作品2)」のきれいな色に魅力を感じました。

彫刻の多田さんは「風の棲(画像1画像2作品1作品2)」を出品しておりました。

6人に共通していたのは、それぞれが自分の作品を楽しんで制作し、この会での発表を楽しみにしている姿勢を感じました。
作品に気負いが無く、美しく仕上げているのが特徴のいかにも同級生の三十数年間続いたクループ展あると思います。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[949] [948] [947] [946] [945] [944] [943] [942] [941] [940] [939
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]