忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'06.28.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.29.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/04/14(Fri) 12:43 No.3739  
 

3739.jpg ■「第8回 春季二紀展」

会場:東京銀座画廊・美術館
   銀座2丁目7-18 銀座貿易ビル7階~8階
   03-3564-1644

会期:4月18日(火)~23日(日)

時間:10:00~18:00(最終日17:00)

春季二紀展は確か選抜展ですから、会員・同人も全員が出品できるとは限らない展覧会と理解しています。

北海道には伊藤 光悦(絵画)・永野 光一(彫刻)のお二人が委員ですので出品されます。

他に長内さゆみ(函館)さん・当社ギャラリーで昨年の『寒昴展』に選ばれた山川 彩子(札幌)さんが絵画部門で選抜され、彫刻部門は札幌の神谷ふじ子さんが選ばれております。



Re: 銀座の宿から KITA - 2006/04/19(Wed) 08:28 No.3755  

ちょうど同じ会期、同じビルの5階にある東京セントラル美術館で「2006年/新作家展」をやっていて、銀座に来ています。こちらも上野とは別の会員展で、北海道からは佐久間恭子さんと北浦晃の委員2名と、会員の山田一夫さん、今年から新会員の蒲原静子さんが出品しています。昨日の初日には札幌から伊藤光悦さんも来ておられて、見ていただいたり、見せていただいたりしました。



うわーっ!どうしよう・・・ 竜馬@管理人 - 2006/04/19(Wed) 13:16 No.3756  

3756.jpg 北浦 晃 先生 ごめんなさい!

自分では「新作家展」のご案内をしていたつもりで忘れていたのですね。
本当に失礼致しました。お許しください。

このままご案内させて頂きます。


「展覧会案内」



■「新作家展」

会場:東京セントラル美術館
   中央区銀座2-7-16 銀座貿易センタービル(メルサ)5階

会期:4月18日(火)~23日(日)

時間:10:00~18:00(最終日17:00)



行けなくなりました 竜馬@管理人 - 2006/04/21(Fri) 23:15 No.3762  

「春季二紀展」と「新作家展」を休みの土日に上京してみる積りでいましたが、「決算」と「給与改定」の業務が重なり、どうにも動きが取れなくなりました。
この2~3日は『出張中です』と居留守を使わせながら終日パソコンと向かい合っておりましたが、どうしてもひとつだけ仕事が残ってしまい休みですが上京出来ません。

伊藤 光悦先生は「札幌時計台ギャラリー」の個展を楽しみにしています。

北浦 晃 先生には展覧会案内も忘れていて大変失礼いたしました。
当社の若い社員が、私が今日の午後からの会議中に今回の「会員展」の図録をスキャンした画像をまとめてくれましたので掲載させていただきます。

「2006/新作家展」委員の皆様の出品作品と道内出身の会員の山田 一夫・佐久間恭子・蒲原 静子さんの作品をご紹介します。

<委員>
赤塚 徹「光茫の彼方」F80
安喰 宣善「うつりゆく刻」F100
新井 久雄「林を行く」F100
上田 良一「BIVE SHOWER」S100
上野 尚子「風が…」F100
大谷 健一「地景」F100
河口いくえ「ドドドドド」F100
河瀬うた代「ざわざわと」F120
北浦 晃「雄阿寒岳遠望」F120
久米 好江「或る日の風景」P100
後藤 通浩「街に春はいつ…」S100
斉藤サブラウ「灯に残ったものたちの想」F120
坂口富貴子「回想」S100
佐久間恭子「ポン、モイ」P100
佐藤 久恵「春を待つ」F100
澤田 嘉郎「春の傍」F130
白木 建男「風景 06」F100
杉山 繁男「人のいる風景―06」F130
高橋 道男「元・H氏のヒミツ」F100
中島 千剛「ある晴れた日に(エチュード・フィナル」S100
中野 淳「死のある風景」F120
中山 雅子「鳥とぶ里山」F100
根岸 正「夏も終りのハーモニー(Ⅱ)」S80
橋本 清一「街」F100
早川 昌作「早春の大源太」P100
日比野すみ「観自在」F100
本田久一郎「網(末廣)」F120
宮本 秀信「座標」S100
森吉 健「夜の記憶」S100
山川 美代「燃える花 2006―ハートの花」S100
山口 美佐子「情景」F130
由利 耶一「北のアトリエ」

<会員>
蒲原 静子「光る石」F130
山田 一夫「残像天に向いⅡ」F130



春季二紀展 竜馬@管理人 - 2006/04/23(Sun) 15:19 No.3771  

同じビルの違う会場で展覧会をしていた新作家協会の北浦 晃 先生が「春季二紀展」の伊藤 光悦先生と山川 彩子さんの作品画像を送ってくださいましたのでご紹介します。


伊藤 光悦「アンデスの村」 山川 彩子「landscape」



一昨年の後半から伊藤 光悦先生の絵に変化の兆しを感じておりましたが、今回は明確に感じます。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1188] [1187] [1186] [1185] [1184] [1183] [1182] [1181] [1179] [1178] [1177
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]