忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.17.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.29.Mon

展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2006/04/14(Fri) 13:03 No.3740  
 

3740.jpg ■「北の創造者たち展 Lovely ~らぶりぃ~」

会場:札幌芸術の森美術館

会期:4月15日(土) → 5月28日(日) (4月は月曜日休館・5月無休)

時間:9:45~17:00(入館は16:30まで)

料金:一般800円・高大400円・小中200円

北の創造者たち展も第10回目の記念の展覧会になりました。
今回のテーマは小さく可愛らしいもの、まるくふくよらかな姿など可愛らしいものに添った作品を展示しているとのことです。

メンバーは彼方アツコ・樫見菜々子・佐々木雅子・設楽 知昭・堀 かをり・松村 繁 ・松原 茂樹・森迫 暁夫の皆さんです。



展覧会 竜馬@管理人 - 2006/04/18(Tue) 13:26 No.3751  


3751.jpg ◆「北の創造者たち展 10th Lovely ~らぶりぃ~」

最初に申し上げておきますが、「とても面白い!」と感じました。
何度もお話したことのある方は彼方アツコさん一人。作品と作者の顔が一致するのは佐々木 雅子・松原 茂樹さんだけでした。
他の5名は不勉強ですがお名前すら知らない方々でした。
札幌芸術の森美術館の館長にご挨拶しなければならないことがあり、確実におられるオープニングに出席しての観覧でしたが期待以上の展覧会でした。

8名の作家がそれぞれ仕切られた展示室に自分だけの展示空間を造っており、強い作品勝ちの合同展ではありませんから各々のテーマに添って個性的な空間となっておりました。
順路に従って数点ずつ作品をご紹介します。

【樫見菜々子 インスタレーション】
「~らぶりぃ~」というテーマに相応しく柔らかく、ホワッとした感じの毛糸を使ったインスタレーションでした。

12300e84.jpg
展示風景1
2.jpg
展示風景2
49f46bd9.jpg
展示風景3
513f5c74.jpg
展示風景4
5.jpg
拡大写真



【堀 かをり 手芸】
【】内のジャンル分けは美術館の発表に従ったものです。
堀さんの作品が(単なる)手芸と位置づけるものなのかどかは他の作品を見てきていないので管理人には分かりませんが、とても心地よい空間に仕上がっておりました。
作品の主人公は全て兎です。蜜蝋・布・真鍮・おが屑などを使用しておりましたが、膠かもしかしたら漆等も使っていたのではないかと思います。
ご主人が「照明家」とのことで、そのご主人によって照明を当てられており、作品効果を高めておりました(「作品1」「作品2」)。
人形単体としての作品(「作品3」「作品4」「作品5」)のほかにも、BOXアート作品も2点(「作品6」「作品7」)展示しておりました。
BOXアートの方はとてもよくまとまってはおり、良い作品と感じます。
ただ少し整いすぎている部分がこれからの課題かと思いました。
それよりも、インスタレーション的に展示してあった人形はある種の不気味ささえ感じるもので、何倍もの規模での展示を見てみたいと感じました。

【森迫 暁夫 イラストレーション】
道外作家(北海道と何らかの関わりはある)と伺いました。
イラストがアートなのかどうかという部分では管理人の意識が低いのか偏見を有しておりました。
正直言うと真剣に見たことすらありませんでした。
今回はある種の感動を受けました。
大きな作品は持参したカメラでは雰囲気を伝える写真が撮れませんでしたが、結構な迫力でしばらく見蕩れました。
作品の雰囲気だけご紹介します。

7b91c35f.jpg
展示1
2e52cf11.jpg
展示2
02fa306e.jpg
展示3
0d541ca9.jpg
展示4



【松村 繁 絵画】
超写実の分類に入るのでしょうか?
大勢の観覧者が熱心にみておりました。
不思議な感覚の絵とは思いましたがLovely ~らぶりぃ~のテーマとは?

339f3c2a.jpg
作品1
78790dce.jpg
作品2
6eb15a55.jpg
展示3



【松原 茂樹  陶芸】
札幌芸術の森美術館では初めての陶芸作家の展示とのことでありました。
北広島に窯を置く陶芸家です。
どうしてこの方がLovely ~らぶりぃ~なのか不思議でしたが、全ての作品のフォルムが丸みを帯びており、尚且つ蓋物に小動物が付けられておるのをみて納得(「作品1」「作品2」「作品3」)いたしました。
因みに松原さんは今展覧会の最年長、お顔はLovely でした。

【設楽 知昭 絵画】
この方も名古屋の作家であるとのことです。
美術館の解説のジャンルは「絵画」でしたが、「透明壁画」とタイトルにあり、技法は分かりませんがとても興味深い作品でした。一度詳しく教えていただきたいと思いますが、今回の展覧会のテーマとの関連性は全く感じませんでした。
学芸員としてはやってみたい作家だったのでしょうね。
写真ではこの作品の特徴をお伝えできないことをお断りした上で、画像をリンクさせます。

208718d6.jpg
壁面1
4b9cf65f.jpg
壁面2
8433371d.jpg
壁面3



【彼方アツコ  版画】
最近の彼方さんの仕事を見ていると、版画をベースに表現分野に広がりを見せておりましたので少し別な作品を出してこられるかと想像しておりましたが、ベーシックな版画の展示でした。
恐らくテーマのLovely ~らぶりぃ~を意識した作品を並べたのでしょうか。
当日お会いしましたし、お話もしたのですが、今回の展覧会に関することは何も聞かずに別れてしまったことに今気がつきました σ(^_^;) 。
彼女のコーナーも多くの方々が集まっておられました

d4b920d5.jpg
作品1
59f25b90.jpg
作品2
e8afb9ad.jpg
コーナー3
efd4575d.jpg
コーナー4



【佐々木 雅子 彫刻】
かって管理人の家人が拝見して作品に注目し、何度か話を聞かされておりましたが、グループ展で何度か拝見しておりました。主にあのちょっと怖い赤ちゃんの彫刻
(その2)や、それを使ったインスタレーションでしたが、今回の展覧会で佐々木さんの多才さを改めて認識させられた気がしました。
作品の数々の中から数点リンクさせます。

ebb200d6.jpg
作品1
edc649e2.jpg
作品2
f7c1e9ee.jpg
作品3
c69c694b.jpg
作品4
fa3edbe6.jpg
作品5
6.jpg
作品6



写真の不備もありますから「面白い」と感じた内容が十分には伝わらなかったかも知れませんが、一見の価値ありです。



Re: 展覧会案内 usagicchi - 2006/04/19(Wed) 05:10 No.3753  


堀 かをりさんの作品2,見入ってしまいました。私が陰になっての行列していました。陰もアートですね。
久々のながーい,管理人様の黒文字,十分関心の高さが伝わってきましたよ。(笑)



ウサギの大行進 竜馬@管理人 - 2006/04/19(Wed) 05:51 No.3754  


沢山のusagicchiさんの一族とお会いしましたよ。

「作品3」のウサちゃんは、同じ兎でもusagicchiさんより働き者ですね (笑)。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1186] [1185] [1184] [1183] [1182] [1181] [1179] [1178] [1177] [1176] [1175
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]