忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'08.19.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.22.Mon
展覧会案内 投稿者:竜馬@管理人 投稿日:2005/06/09(Thu) 14:11 No.2939  
 

2939.jpg ■「my gyroscope 渡會 純价 展」 大丸藤井セントラル・スカイホール

会期:6月21日(火)~26日(日)


全道展(版画)会員の渡會 純价さんの個展です。
http://www.doral.co.jp/gallery/kako/1999/12/index.html
最近の版画界のデジタルブームに対して案内状の中でこう記しております。

「とかくデジタルブームに圧倒される今日ですが、絵かきというアナログ人間はひたすら造形本能に翻弄されているのかもしれません。世に逆らうわけではありませんが人間の原点であるアナログなる羅針盤を見直して欲しいと願うのです。
今ひとつ新しい試みを加えた個展となりました。ご高覧いただければ幸いです」



展覧会 竜馬@管理人 - 2005/06/25(Sat) 10:38 No.2999  

2999.jpg ◆「my gyroscope渡會 純价 展」 大丸藤井セントラル・スカイホール

全道展会員の渡會 純价さんの展覧会を観てきました。

6月23日の北海道新聞夕刊『BOX』欄にて説明がありましたので重複は避けますが、従来から取り組んでいる銅版画(作品1作品2作品3作品4作品5作品6作品7)と、「ちょっと変わった技法」(当人談)の作品が約半々で飾られておりました。その他に依頼されている大作のエスキースとして描かれたドローイングが3枚(作品1作品2作品3)飾られておりました。

今回渡會 純价さんが発表した「ちょっと変わった技法」とは、透明なフィルムに粒子の大きさを変えた何種類かのジェッソに絵の具を混ぜて塗布し、ドライボイントで使っている針で引っ掻いたりして裏がみえーる(仏語のル・ミエールの洒落)ようにして、着色したり、印刷されたものをコラージュさせたりした効果を出しておられました。作品1作品2作品3作品4作品5作品6作品7作品8
「版画というのかどうかは分からないんですけれど・・」と話しておられました。
ドローイング作品以外はアクリル板がかけられており、写真が不鮮明なのはご容赦願います。

丁度、現代美術家の後藤 和子さんが来られ一緒に話したのですが、STV北2条ビルのエントラスアートでの個展と、94歳のお父様を亡くされたのが同時期に重なり大変だったご様子でした。
「後藤さん一緒に写真撮ろうよ」との渡會さんの誘いで2ショットを撮影しました。こり微妙な距離感が面白いです。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[963] [962] [961] [960] [959] [958] [957] [956] [955] [954] [953
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]