忍者ブログ

いーとあーとブログ

展覧会情報(旧ギャラリーどらーる掲示板より)

2017'04.30.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.26.Fri
Beauty in Sapporo 投稿者:Emily Meyer 投稿日:2005/09/07(Wed) 15:01 No.3272  
 

My name is Emily Meyer and I attended the gallery opening for Mr Watanabe last Thursday night. As an artist, I was craving the company of creative individuals. Even though communication was difficult (okay, almost impossible!), I felt that I was in a room of like-minded people with imagination and creativity oozing from their pores! It was invigorating! Mr Watanabe's paintings, though, were definitely the highlight of the evening. The beautifully rendered faces of the children together with their sketchy, unfinished bodies brought to mind the frescos of days gone by. The nuetral tones of browns and grays made the flashes of color outstanding! I especially loved seeing the "inner workings" of various objects in the paintings, such as being able to see inside the carousel horse, or the wires and accoutrements under the table. Mr Watanabe has obviously mastered the ability to render realistically. He has moved beyond that ability, using it along with a delightful freedom of the brush. With these works, he has allowed his own inner spirit to guide his hand in manipulating paint and form. The amazing amount of value and volume in all the forms dazzled my eyes! I am honored to have seen these works, and to have been invited to the fun party. Thank you to Mr Kubo and Mr Wakabayashi for escorting me around and making me feel welcome! Thank you to Haruyo Shiwa for being so kind to me and inviting me to the party! I hope to be a part of the Hokkaido art scene and add my own little sensibilities to an already rich culture of artists!



Re: Beauty in Sapporo 竜馬@管理人 - 2005/09/07(Wed) 16:53 No.3273  

意訳中の意訳ですがお許し頂いて日本語にします。
何せ英語には40年以上も接しておりませんので間違いがあるとは思いますが勘弁してください。

「私は木曜日の夜に渡辺さんのオープニングパーティーに出席したエミリー・マイヤーです。
一人のアーティストとして個々の人たちとの交友を望んでおりました。
コミュニケーションは難しかった(そのこと自体は日本語が話せないのだからオーケーですが)けれど、イマジネーションと創造性溢れる人々と一緒の部屋にいることを実感しておりました。
それはとっても活気がありましたが、なんと言ってもその夜の話題は渡辺さんの絵に関する話題がハイライトではありました。
デッサンに表れた幼さを残した未完成の肉体が持つ表情は昔のフレスコがを思い出させました。
それは茶色とグレーの中間色のトーンでありながら、その色彩を輝かせておりました。
私は絵の中に描かれたテーブルの下に置かれている木馬とか様々な道具類やロープの様な細かな描写にとても興味を持ちました。
明らかに渡辺さんはそれらの描写力をお持ちですし、その筆遣いと自由な発想は単なる描写を超えたところまで至っていると思います。
作品は彼の内面の精神性が筆を動かしているかの様に描かれてありました。
作品の質と量の偉大さに目が眩む思いが致しました。
こんな素晴らしいパーティーに誘われたことをとても光栄に思っております。
私は歓迎されているという気持ちにさせてくれた久保さん、若林さんありがとうございます。
又、私を連れてきてくれた志波 晴世さんにも感謝します。
私は北海道の豊かな文化を担う、アートシーンの一部に加わりたいと切望しております。」


以上いい加減ですが、9月1日の「渡辺 貞之展」のオープニングパーティーに飛び入り参加されたエミリー・マイヤーさんからの書き込みです。
沼田町の久保さんが、このページのURLを教えたのだと思います。
彼女はパーティー終了後の「竜馬@管理人主催のお食事会(?)」にも参加してくれました。
このHPが久保さんのHP『共犯新聞』とカン違いされたのかどうかは定かではありませんが、竜馬には全く触れてくれておりませんね(ガクッ)。



Re: Beauty in Sapporo 竜馬@管理人 - 2005/09/07(Wed) 17:45 No.3274  

Dear Emily Meyer,
Thank you for seeing our Gallery Homepage.
My name is Ryoma Sakamoto of "DORAL GALLERY".
When Haruyo came to my wife's private exhibition, I met her for the firsttime.
I am that you came to the party and think that I was able to make friendswith you.
Please come to our "DORAL GALLERY".
We welcome you always.
The party is carried out on the 1st every month.
Even if there is not Dr.Wakabayashi and Mr.Kubo, please come together with Haruyo.
Thank you very much. Sincerely Yours,
RYOMA SAKAMOTO



Beauty body in Newspaper Motohiro-AB-ST-Kubo@Hiroo - 2005/09/10(Sat) 11:16 No.3284   HomePage

s.jpg Get up this morning, when I read a newspaper "Kitasorachi-Shinbun", I found Mr.Sadayuki Watanabe's article.
He is a celebrity in north Sorachi. There is no day when his article doesn't make the newspapers. The his column of the sketch travel in Italy was published in the today's newspaper too. It is seemed being natural. So, he is a celebrity !
But a more important article is in the vicinity. It is an information article about that he is holding the exhibition in the famous gallery in big city ! However, what ! This article doesn't cover the locale from accomplishing of great painter Watanabe this great achievement. In addition, it doesn't touch Mr. great Ryoma at all though no Mr.Kubo's HP 'Complicity newspaper'. (Gakuttu).

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1037] [1036] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1027
≪  BackHOME : Next ≫
カテゴリー
プロフィール
HN:
Ryo
性別:
非公開
ブログ内検索



いーとあーとブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]